HR TALKS

お仕事・転職Q&A

実は退職届を受理されなくても、退職は可能!退職届の効力とは?

「転職先も決まったけど、現職が退職届を受け取ってもらえない」「引き止められていて、なかなか退職することができなさそう」そんな場合に提出した退職届の効力、ご存じですか?今回はそんな退職交渉のお悩みに、ファッションと法律を考えるWEBサイト「FASHIONLAW.JP」メンバーである弁護士の河瀬季さんとニシムラミカさんのお二人にお答えいただきました。実は退職届には法律的な意味は無く、退職したいという意思を伝えるだけでOK、という目鱗なお話も。法の専門家ならではの専門的なアドバイスは必見です。

退職届を書いても、受理をしてもらえず困っています。入社した際の契約書に「30日後には離職ができる」と書いてあるのですが、やめさせてもらえません。次の転職先も決まっているので、ある期日までには離職しなければならないのですが、このような場合、法的に問題が発生したりしないのでしょうか?
「正社員(期間が特に定まっていない社員)」か「契約社員など(期間の定めがある社員)」かによって微妙に異なりますが、いずれにせよ、退職届を受理されなくても、(ドラマのように)破られてしまっても、退職は可能です。「退職届」の一般論から、正社員/契約社員などの場合の効力までを解説します。 

退職届を「受理」されなくても退職の意思を伝えるだけでOK

まず、退職届を「受理」されることには、法律的な意味はありません。「退職したい」という意思を伝えるだけでOKです。しかし「意思を伝えるだけでOK」とはいっても、口頭で「辞めさせて貰います」と言っただけでは、もし後からトラブルになった場合、結局「言った言わない」の言い争いになってしまいます。……そして、受理してくれない会社であれば、後でトラブルになる可能性も、ないとは言えません。

そこで「自分は間違いなく退職の意思を伝えた」という証拠が残る方法で「退職したい」と伝えましょう。「内容証明郵便」というものを使うのが一般的です。

……と、ここまでが、正社員でも契約社員などでも共通の話。

正社員の場合の効力と退職日の問題

正社員は、自分の側からはいつでも自由に仕事を辞めることができます。だから、「入社した際の契約書」に何が書いてあったとしても、退職したいと伝えればOKです。

ただ今後、職務経歴書などを書く上で「いつ退職したことになるか」を考える必要があるでしょう。法律の原則から言うと、退職意思を伝えると、その2週間後に退職の効力が生じます。ご質問にある「30日後には離職ができる」というのが「退職届を出すと30日後に離職ができる」という意味であれば、上記の法律原則と異なる契約が交わされていることになります。

この場合に法律と契約のどちらが勝つのか……というのは、実は法律的に少しややこしい問題です。特にこの点を争う実益がなければ、今後の経歴書などには、意思を伝えた30日後を退職日と書いておくのが無難でしょう。

契約社員などの場合の効力と退職日の問題

法律の原則から言うと、契約社員などは、契約で決められた期間は原則的に働き続ける必要があります。

したがって、ご質問にある「30日後には離職ができる」というのが「退職届を出すと30日後に離職ができる」という意味であれば、上記の法律原則と異なる契約が交わされていることになります。そしてこの場合は、契約が勝ちます。つまり、退職は可能であり、今後の経歴書などには、意思を伝えた30日後を退職日と書いておけばOKです

今回お話を聞かせてくれた方
FASHIONLAW.JP
執筆:弁護士 河瀬季さん
監修:ニシムラミカさん

FHR_top

Fashion HRはファッション・アパレル業界に特化した求人情報サイトです!

ショップスタッフや店長などの販売職から、PR、MD、VMD、営業、総務/経理、秘書、ロジスティックスなどのバックオフィス職まで、外資系ラグジュアリーブランドから国内有名ブランドまで求人情報を多数掲載中。早速、会員登録をして求人をチェック!

この記事に関連するタグ

FOLLOW US
SNSでも最新情報を受け取れます!

    
  • 
  • 
  • 
  • 

Sign Up for Fasion HR

会員登録すると、気になる求人情報を保存できたり、ファッション業界に特化した
20社以上の転職コンサルタントがあなたにぴったりのお仕事をおすすめしてくれるスカウト機能が利用できます!

新規会員登録 

Warning: in_array() expects parameter 2 to be array, string given in /home/fashion-hr-phase3/.data/templates_c/%%D4^D42^D42C9E9E%%footer.tpl.php on line 91