アパレル・ファッション業界の求人・転職ならFashion HR

記事一覧

着回し力を磨く! こなれて見える、アパレル店員のアイテム活用術


アパレル店員をしていると、一つのアイテムをうまく着回せず、似たようなコーディネートで店頭に立ってしまう…… と悩む方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、着回し力に定評がある、エトレトウキョウ新宿ルミネ店の店長、永田香織さんに、1つのアイテムを使って3つのコーディネートを披露してもらいました。彼女が普段、気をつけているポイントとは?

永田さんの着こなしルールはこれ!

ルール1:コーデの中の色は3色まで
永田さん「スタイリングを組むときに、色はあまり増やさないように、3色以内でまとめるということを自分の中で決めています。
小物同士の色を合わせたり、カラーアイテムを使うときはその色に馴染むような色の小物を選んだり…… ばらつきが出ず、ごちゃっとしないように統一感を出すことを意識しています。また、トップスやボトムスで強い色を取り入れる場合は、小物の色はベーシックなカラーで揃えたりもしています。」

ルール2:素材感を意識する
永田さん「特に秋冬は、ニットやレザーのような素材に特徴のあるアイテムが増えるので、全体的に異素材を組み合わせるように意識してます。ライダースジャケットにレザーのブーツとバッグを合わせてしまうと、素材同士が喧嘩してハードすぎる印象になってしまいますよね。
また、エトレトウキョウの服はワントーンも多いので、ニュアンスカラー系でまとめるときはなるべく全部の素材を変えることで全体に表情がつき、ぼんやりした印象になりません。」

同じカラーでも異素材を重ねて立体的に

ルール3:コーディネートは必ずトータルでチェックする
永田さん「コーディネートが重くならないようにする、一つのテイストに偏りすぎないようにするといったように、トータルでチェックして調整するようにしています。
ワンピースにはヒールでなくスニーカーを合わせたり、重めなボトムスを履くのであれば髪の毛はアップにしつつピアスをあしらって目線を上に集中させるなど…… 仕上がりを見た時に、足し算・引き算をするイメージですね。この足し算・引き算は、日々雑誌やSNSでコーディネートの情報収集をして学びました。昔は足し算ばかりしていたので、それをどういうふうに抜けばいいのだろうと、ひたすらおしゃれさんを見て研究しています!
また、ファッションだけでなくメイクもトレンドカラーを押さえるようにするなど意識しています。メイクをアップデートするだけでも、今までの服の印象が垢抜けたりもします。」

今回着回すのは……


コクーンシャツワンピース¥19,000/エトレトウキョウ
マイ着こなしルールを紹介してくれた永田さん。そんな彼女が着回しコーデに選んだアイテムは、ニュアンスカラーが今っぽい、スリット入りシャツワンピース。

永田さん「ワンピースの中でも特にシャツワンピースは着回し力が高いと思うので、普段から愛用しています。羽織りとしてもワンピースとしても使えますし、ハイネックやタートルネックなどとレイヤードして変化をつけることもできるので、とにかく万能です。また、ワンピースでも甘くなりすぎないからちょうどいい。今の時期なら、アウターを重ねてもかさばらないのが良いですね。シーズン問わず着回すことができます。」

STYLE1:流行ニュアンスカラーに華やぎを添えて

シャツワンピース¥19,000、スカーフ¥8,000(4月入荷予定)/全てエトレトウキョウ その他/本人私物
永田さん「ボタンを閉めて、ワンピースとして着こなしました。シンプルな無地のデザインなので、柄スカーフを足してリゾートライクな仕上がりに。シャツはゆったりしたシルエットなので、リブレギンスで引き締めています。」

柄スカーフを頭に巻くのは上級テクに思われがちですが、なるべくシンプルな服の時に足すとちょうど良いバランスになるんだとか。スカーフを巻いたら、抜け感を作るためにおくれ毛を調整することも大切なポイントだそう。オイルで髪の毛に束感を作ったり、ちょっとした動きを作るだけでこなれ感が演出できます。

STYLE2:カラーアイテムで立体コーデ

シャツワンピース¥19,000、ニットワンピース¥19,000、/全てエトレトウキョウ その他/本人私物
永田さん「中に重ねたニットワンピースの色を引き立たせるために、小物とシャツの色は淡いトーンで合わせました。また、袖をブラウジングして中の色を覗かせるとコーディネートの立体感がアップします。」

袖から色を覗かせることもメリハリアップの秘訣ですが、ブラウジングして膨らみを作ることで縦長コーディネートが立体的に仕上がります。

STYLE3:流行カラーで大人カジュアルミックスに

シャツワンピース¥19,000、ロゴTシャツ¥9,000(3月入荷予定)、プリーツパンツ¥21,000/全てエトレトウキョウ その他/本人私物
永田さん「パンツ、バッグ、ブーツの色味をブラウントーンで統一しています。落ち着いた配色でちょっと寂しかったので、大ぶりのピアスを足してバランスを取りました。ボトムスがプリーツだとカジュアルな印象になるので、ヒールのあるシューズを合わせています。」

トレンドのブラウン×ベージュスタイルを披露してくれた永田さん。大人でも取り入れやすい小ぶりなロゴTシャツで、カジュアルミックススタイルに。

永田さんにQuestion!

1つのアイテムで、3通りの着こなしを見せてくれた永田さん。普段コーディネートを組む上で気をつけているポイントなどを伺いました。

Q. 新しいアイテムを購入する上で、チェックするポイントは?
「基本的には、今自分が持っているアイテムに合わせやすいかどうかチェックします。トレンドものを取り入れる際にも、今年らしさを押さえつつ、使いやすいカラーやシルエットなのかどうかも意識しています。」

Q. 同じアイテムでも違った印象に見せるコツは?
「着回しでもご紹介しましたが、小物使いで変化をつけるように意識をしています。まずはベーシックなスタイリングからイメージして、そこに小物の柄や色を足して雰囲気を変えたり……。今回の着回しでは、3コーデそれぞれ違うピアスを使用したのですが、顔周りのアクセサリーを変えると、簡単に印象の変化がつけられるのでよく実践しています。
色アイテムを着回す場合であれば、どんな色と合うのだろうと様々な配色パターンを研究したりします。」

Q. おしゃれに見えるように気をつけているポイントは?
「首、手首、足首」の「3つの首」をどこか必ず一つ出すということを意識しています。女性らしい部分を出すことでカジュアルなスタイリングもこなれて見えてますし、抜け感も演出できます。ただ着るだけだと野暮ったく見えてしまうこともありますが、この3つの首を意識するだけでコーディネートに動きが出ます。例えば、デニムのロールアップだったり、袖をブラウジングしてくしゅくしゅさせたりとか。
また、SNSや雑誌を通して、新しいスタイリングの情報収集も日々行っています。」

ブラウジング&インナーカラーを見せて動きを作る

同じアイテムを使っても、それぞれ違った印象を受けるスタイリングを披露してくれた永田さん。彼女の着こなしルールやおしゃれに見せるための秘訣を参考にすれば「着回ししても、似たようなスタイリングになってしまう!」なんて悩みはきっとなくなるはず。明日からのコーディネート組みの際に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※表示価格は全て税抜きです。

Fashion HRはファッション・アパレル業界に特化した求人情報サイトです!

FHR_top

ショップスタッフや店長などの販売職から、PR、MD、VMD、営業、総務/経理、秘書、ロジスティックスなどのバックオフィス職まで、外資系ラグジュアリーブランドから国内有名ブランドまで求人情報を多数掲載中。早速、会員登録をして求人をチェック!

   
無料会員登録する

記事一覧