ファッション業界でのお仕事・転職にまつわるリアルな情報を発信中!

記事一覧

会社都合で、突然の退職となってしまいました…まず、何をするべきでしょうか?

ファッション業界のお仕事・転職にまつわる疑問や質問に、
Fashion HRの転職コンサルタントがお答えする「RECRUITING Q&A」。
景気回復の流れもありますが、会社の業績不振などで、突然「会社都合」での退職に追い込まれてしまうことも無いとは言えません。そんな状況にあってしまったとき、まずは何をすれば良いのでしょうか?

会社の業績が思わしくなく、人員削減が始まったと思ったら、矛先がまさか自分に。会社都合で、突然の退職となってしまいました…まず、何をするべきでしょうか?
会社都合で思いがけず退職となってしまった場合、あまりに突然のことでパニックになる方もいらっしゃいます。どうしてもナーバスになってしまう状況かと思いますが、とにかく悩みすぎずに、前を向いてみましょう!


Ⓒanieto2k

特に転職を一度も経験せずにそういった状況になると、何から初めて良いかわからないと思います。
まず、しなければならないことはハローワークに離職した手続きに向かうこと。
雇用保険の手続きを行い、当面の収入を確保しましょう。
そうすれば、雇用保険の受給資格にもよりますが最低90日間の失業手当の受給ができます

この受給期間に、新しい仕事を探しましょう!
収入が途切れると心細いものです。できるだけ多くの方法を模索して、新しい仕事を探すべきだと思います。

Fashion HRに登録しスカウトを待つ、人材紹介会社に直接登録する、求人媒体をチェックするといった基本的なことを毎日行う
それが新しい仕事を見つける着実な方法です。
また多くの人材紹介会社は職務経歴書の書き方のアドバイスや面接の練習もしてくれます。
最近はハローワークでもそういったサービスがありますので活用して進めましょう。

会社都合で退職した場合、大きな精神的ショックを背負う方もいらっしゃいます。
「今まで、会社に尽くしてきたのに、何故…」という喪失感で、しばらく転職活動に力を入れることができない方もお見受けしました。

あまり引きずってしまうと、面接でもそういった負のオーラが出てしまったりするものです。
退職はあなたのせいではなく「会社都合」だったのですから、過去の事と割り切り、けじめをつけて新しい会社との出会いに期待しましょう!

代表取締役 山村 憲市さん
今回お話を聞かせてくれた転職コンサルタント
キャリッジ
代表取締役 山村 憲市さん

記事一覧