アパレル・ファッション業界の求人・転職ならFashion HR

記事一覧

アパレル業界の面接における、好印象を与える「転職理由」の伝え方とは?


転職活動時に面接をする中で、志望動機と並ぶくらいの高い割合で聞かれるのが「転職理由」です。初めて転職をする場合には、どう答えたら良いのか分からずに戸惑ってしまうこともありますよね。今回は、アパレル業界においての、採用担当者に好印象を与えられる転職理由の伝え方をご紹介します。

面接で転職理由を聞かれるのはなぜ?

転職理由というのは必ずと言って良いほど聞かれる質問ですが、下記でご紹介するような3つの意図があります。この意図を事前に押さえておくことで、どう答えると採用担当者に熱意が伝わりやすいのか確認することができます。

【1】企業間とその人とのマッチ度を確認したい
転職理由を確認する中で、企業側はその人との相性を確認しています。
「スキルアップ、ステップアップしたいから」というのが転職理由として多く挙げられますが、そのステップアップを叶えるためになぜその企業で働きたいのか、という具体的な理由を付けられると採用担当者も理解、納得しやすくなるでしょう。

【2】その人の人柄を知りたい
転職をするということは、現在働いている環境に不満や不安があるということは暗黙の了解ですが、そういった気持ちがある場合はどうしても態度や表情に現れてしまいがちです。
転職理由を聞く理由として、不満や不安がある中で、その人はその先どう行動するのか、どのように自分で改善しようとしているのかを確認しようとしています。

【3】自社にて活躍してくれそうか確認したい
転職理由を聞くことで、自社にて長く活躍してくれるかどうかを採用担当者は確認しています。転職理由が不明確であったり、問題点だけを述べると「うちに就職しても、またすぐ転職してしまうのではないか?」と考えるケースもあります。
そのため、転職理由を伝えつつ、その企業にてどのように働きたいのか、どんなシーンでどんなスキルを発揮していきたいのか具体的に伝えられることが鍵となります。

こんな転職理由は避けたい!

転職理由を伝える中で、避けておきたいのは「ネガティブなことだけを伝える」ことです。現在の仕事環境に満足していないから転職に至る、ということは企業側も理解しています。しかし、その不満を伝えるだけではあなたのスキルや仕事に対する熱意を伝えることができず勿体ない上に、採用担当者にあまり良い印象を与えることができません。前述したように「もしうちで同じ問題に直面した時に、また転職を考えてしまうかもしれない」と感じさせてしまったら、採用に至らないかもしれませんよね。
それを避けるためにも、転職理由を伝える際に「上司との人間関係がうまくいかなかった」や「残業が多く自分の時間が持てなかった」というようなネガティブな点のみを伝えるのは避けましょう。

転職理由を伝える際に意識しておきたいポイント3つ

それでは、転職理由を伝える時にはどんな点を意識しておくと良いでしょうか。

【1】「ネガティブな理由」を「プラスの思考」として伝える
先ほどお伝えした通り、ネガティブな理由のみを伝えてしまうと、あまり良い印象を与えないかもしれません。そのため、あくまでもプラスの思考として伝えられるようにしましょう。
例えば「上司との人間関係がうまくいかなかった」というのが理由の場合でも、こんな伝え方をするだけでプラスの印象に変わります。

例:「協調性を大切にしている御社にて働きたいと感じたからです。御社のHPやSNSを拝見した際に、個人の多様性を尊重しながらも、同じ会社で働くチーム同士がより円滑なコミュニケーションを取れるような取り組みを実施している点に惹かれました。私は仕事をする中で、スムーズかつお互い気持ちよく仕事ができるように協調性を大切にしてきましたが、その甲斐あってかプロジェクトリーダーを何度も経験してきました。この協調性を活かし、更に伸ばしながら御社に貢献したいと考えております。」

このようにプラスの思考にすることで「その企業のどんな点に惹かれたのか」「自分はこんなスキルがある」という2つの点を伝えることができていますね。ネガティブに感じる点はなく、仕事に対する熱意や前向きな姿勢がうかがえます。

【2】不満や悩みが転職理由の場合、具体的かつ改善点を述べる
転職したい1番の理由が、例えば「残業が多かった」ことだとしても、そのまま伝えるとただの愚痴に聞こえてしまいます。そのため「毎日●時間の残業があり、休日出勤もしなければならない状況で、かつ代休をとるのも難しかった」と具体的に伝えるようにしましょう。しかし、これだけでも改善しようとする努力が見えなかったり、問題は他人任せにしている印象を受けてしまうかもしれません。残業時間が少なくなるようにどのような努力をしたのか、また、残業がなくなった場合どのような働き方ができ、どうその企業に貢献できるか、というポイントまで伝えられると好印象です。

【3】志望動機と転職理由が一致するように
志望動機では、なぜその企業で働きたいのか、働いた場合に自分のどんな能力を活かすことができるのか、ということを伝えるかと思います。
この志望動機と転職理由とが一致していることにより、採用担当者も働くことに対する熱意を感じ取ってくれるでしょう。
前述したように、転職理由はあくまでも前向きに、そして志望動機とリンクするようにしましょう。

アパレル未経験者が転職理由を伝える場合は?

異業種からアパレル業界への転職をしたいというアパレル未経験者の方は、アパレル業界に憧れを抱いている、チャレンジしたいから、という理由が多いかと思います。その際、現在の職種ではなくなぜアパレル業界で働きたいのか、そして数あるアパレル会社の中でなぜその企業で働きたいと感じたのか伝えられると良いでしょう。
「そのブランドが好きだから」や「ファッションが好きだから」というのも大切な理由ですが、それだけだとやや印象が薄いので、そのブランドへ買い物へ行った際のスタッフの丁寧な対応や、スタッフ間同士のコミュニケーションが円滑に進んでいて風通しのいい印象を受けたなど、具体的に惹かれた点を盛り込むと好印象です。また、ファッション業界は未経験ながらも、働くために現在取り組んでいること、努力していること、前職でのスキルをどう活かせるかを伝えられると良いです。

アパレル経験者が転職理由を伝える場合は?

アパレル経験者が同じアパレル業界での転職をする場合、現状に何か不満や悩みがある、と採用担当者は感じますが、経験者ということを強みに感じてくれるはずです。
そのため、前述したようにネガティブな点のみ伝えずに、アパレル業界での目標を達成するための転職であること、そして前職で培った具体的なスキル、強みをどのように活かせるかを伝えるようにしましょう。また、未経験者同様、なぜその企業に惹かれたか、という点も忘れずに伝えたいですね。

 

 

アパレル業界においての「転職理由」の伝え方をご紹介しました。転職とは、仕事でのキャリアアップや目標を叶えるための手段です。それを実現させるためにも、前向きな気持ちで臨み、是非理想の転職を叶えてみてくださいね。
 

アパレル業界特化型転職・求人サイト
Fashion HRはこちらから

 

Fashion HRはファッション・アパレル業界に特化した求人情報サイトです!

FHR_top

ショップスタッフや店長などの販売職から、PR、MD、VMD、営業、総務/経理、秘書、ロジスティックスなどのバックオフィス職まで、外資系ラグジュアリーブランドから国内有名ブランドまで求人情報を多数掲載中。早速、会員登録をして求人をチェック!

   
無料会員登録する

記事一覧