アパレル・ファッション業界の求人・転職ならFashion HR

記事一覧

アパレル転職に有利? あって損しない「資格」5選


アパレル就職、転職の際に「資格」は必須ではありませんが、あると有利になるケースも多々あります。さらに、資格のために勉学に励んだり、実際に資格取得をすることは自身のスキルアップにも繋がるので、持っていて損はありません。今回はアパレルの職種別で見る、あると便利な資格をご紹介します。転職時にぜひ役立ててみてくださいね。

アパレル販売員におすすめの資格

アパレル販売員と言えば、お客様との距離が一番近い職種。資格を持っておくことでお客様へより良い提案ができたり、特別感のある接客ができたりと多くの利点があります。では、おすすめの資格を3つご紹介します。

ファッション販売能力検定
名前の通り、販売するにあたってのコーディネート提案、服飾雑貨の販売技術の他にも、配色の基本技術や素材の種類についてなど、ファッション、商品にまつわる知識をつけることができるので、アパレル販売員以外でも役立つ知識、技術が豊富です。また、級が上がるごとに店舗運営管理などのマネジメント知識も身につくため、店舗販売員から店長にステップアップする際にも有効活用できるでしょう。

ファッション色彩能力検定
色彩についての知識、技術が身につく資格です。ファッションにおいての色彩のはたらきを知ることで、お客様へ適切なカラーコーディネートの提案をすることができたり、色彩視点での店舗陳列など幅広く役立てることができます。

ファッションビジネス能力検定
この資格では、ファッション分野においての企画、流通、生産などすべてのプロセスを基礎から学ぶことができ、必要な知識が身につきます。1級になれば経営やマーケティングについての出題があるため、これらを学ぶことでファッション業界全体の知識が身につくでしょう。

生産管理職におすすめの資格

商品の生産工程を管理する生産管理職では、繊維製品の知識を身につけておくと大いに役立てることができます。そこでおすすめしたい資格は、以下の通り。

繊維製品品質管理士
アパレル業界において、繊維のスペシャリストとして活躍できるのがこの資格。衣料品などの企画、設計及び製造に関する知識の他、繊維製品の品質、流通、消費者間で起こりうる問題に対しての知識の取得することができます。また、この資格を持っているということで取引先にも信頼感を与えることができるという利点もあります。
繊維製品品質管理士と資格内容が同じである「衣料管理士」は、協会が認定した大学にて4つの専門分野について学び、定められた単位を履修すると取得することが可能です。

VMDにおすすめの資格

商品を見やすく、購入しやすい売り場作りを提供する職種であるVMD。必須の資格はありませんが、「商品装飾展示技能検定」があると有利になるでしょう。

商品装飾展示技能検定
商品そのものを効果的に表現するために必要な技術や知識が身につきます。それぞれの商品の特性に基づいた様々な見せ方を学ぶことができるので、この資格を持っておいて損はありません。この資格では、什器や器具、照明、色彩などに関する知識も含まれるため、商品を見せる上で幅広く活用することができるでしょう。

やはり「語学力」もあると便利

ご紹介した5つの資格の他、「語学力」もあると良いでしょう。外国人観光客が増えている昨今、店舗に訪れた外国人のお客様と店舗スタッフとしてコミュニケーションが取れたり、生産管理職であれば外国の工場との交渉に用いることができたりと、語学力があれば自分にとってのプラスアルファとなります。機会があれば、語学力を身につけたり向上させてみてはいかがでしょうか。

ご紹介した資格は、いずれも必須のものではありません。しかし、これらの資格を通して学べること、活かせることは豊富なので、スキルアップ、キャリアアップの際にはきっと役立ってくれるはず。ぜひ参考にしてみてくださいね。

Fashion HRはファッション・アパレル業界に特化した求人情報サイトです!

FHR_top

ショップスタッフや店長などの販売職から、PR、MD、VMD、営業、総務/経理、秘書、ロジスティックスなどのバックオフィス職まで、外資系ラグジュアリーブランドから国内有名ブランドまで求人情報を多数掲載中。早速、会員登録をして求人をチェック!

   
無料会員登録する

記事一覧