ファッション業界でのお仕事・転職にまつわるリアルな情報を発信中!

記事一覧

アパレル面接時、メイクはどうするべき? 必要なのは○○だった


書類選考に通り、いざ面接! 服装もバッチリだし、これでOK。
…… ではなく、服装を整えたら、きちんとメイクや髪型もぬかりなく整えていきましょう! アパレル以外の一般企業の場合、ナチュラルメイクやヘアカラーも派手めなものは避けたほうが無難ですが、アパレルの場合トータルでのファッションセンスを見られるため、メイクやヘアスタイルも重要となってきます。
早速気をつけるべきポイントをチェックしてみましょう。

POINT1:ブランドのテイストに合っているかチェック

まず最初にチェックすべきは、普段の自分のメイクがそのブランドのテイストに合っているかということ。服装をそのブランドのためにバッチリ決めていても、メイクだけが浮いて見えてしまっていませんか? ブランドサイトのメイクを参考にしたり、実際にショップに訪れて店員さんをチェックしてみるのがおすすめです。

POINT2:「ナチュラルすぎる」は避けた方が無難

ナチュラルメイクにしておけば無難! という意見はあながち間違っていませんが、「ナチュラル=薄化粧」と捉えてパッとしない印象になってしまうのは避けたいです。例えば、目元のクマやくすみはしっかりカバーしつつ、気にならないところはナチュラル感を意識するなど、「きちんとした印象」を与えるのは大切です。
顔色が華やぐコントロールカラーを使用するのも有効です。下記がそれぞれのコントロールカラーの役割なので、自分に必要なものを選んでみてください。

グリーン:ニキビのあとや、赤み部分をカバー。小鼻周りにも使える。
ブルー:黄ぐすみを抑え、透明感を出してくれる。血色の悪い人は避けて!
パープル:こちらも黄ぐすみを抑え、透明感を出してくれる上に、血色もよく見せてくれる。
ピンク:顔に血色感を与えてくれ、はつらつとした印象に。
イエロー:ムラのないキメの整った肌に。青クマにも有効。

POINT3:どのブランドも「清潔感」は基本!

どのブランドにも共通して言えることは、「清潔感」を大切にするということです。濃いメイクも、品の良さや清潔感があればケバくなったり派手になりません。この清潔感は、ネイルやヘアスタイルにも言えること。禿げかけたネイルや、手入れされていない印象を受けるボサボサヘア、プリンヘアなどは避けましょう。

元BAさんに聞いてみた! 面接時のメイクアドバイス

今回、面接時に使えるメイクテクニックを、海外コスメブランドの元BA(ビューティ アドバイザー)、Cさんに教えてもらいました!

Q. 清潔感を出すには?

ー 乾燥してゴワついた肌は、疲れた印象を与えてしまいます。そのため、スキンケアでしっかり肌を保湿し内側に潤いを湛えましょう。これだけでも仕上がりに差が出ますし、清潔感のある印象を与えてくれますよ。更に下地やファンデーションにも保湿効果があり、ツヤ感のでるアイテムを使用するとなお良いです。
ファンデーションを塗る時の注意点ですが、厚塗りをしてしまうと、面接当日の化粧崩れの原因にもなるので注意が必要です! 作り込みすぎた肌は老けて見られてしまうこともあります。

仕上げには、ラメの粒子が細かいピンクベースのハイライトを目周りのCゾーンに付けると、顔色がパッと明るく見え、ツヤ出し効果もあるのでおすすめです! この時、必ず肌色に合った、自然な発色のハイライトを使うようにましょう。ラメの粒子が粗くてギラギラと発色するものは、肌から浮いて見えるのでNG。

Q. 垢抜けて見えるメイクテクニックって?
ー いつもより「眉メイク」に時間をかけてみましょう。
眉毛を強調したメイクをするということではなく、ナチュラルでもいいので、自分の顔に合った眉毛を「丁寧に」描くことで、顔の印象はガラッと変わるし、意志のある表情に見えてきます。眉毛の色は、眉マスカラを使うなどして、髪色とバランスを取ると垢抜けます。

眉毛以外だと、現在はチークレスがトレンドなので、チークのつけすぎはNG。チークは薄く、目元と口元に色のポイントを持たせてみてください。

面接時のメイクに必要なポイント3つ、いかがでしたか?
ファッションだけでなく、メイク、ヘアスタイルも整えて全体のバランスが取れているか意識してみましょう。

Fashion HRはファッション・アパレル業界に特化した求人情報サイトです!

FHR_top

ショップスタッフや店長などの販売職から、PR、MD、VMD、営業、総務/経理、秘書、ロジスティックスなどのバックオフィス職まで、外資系ラグジュアリーブランドから国内有名ブランドまで求人情報を多数掲載中。早速、会員登録をして求人をチェック!

   
無料会員登録する

記事一覧