ファッション業界でのお仕事・転職にまつわるリアルな情報を発信中!

記事一覧

こんな着こなし方があった! 「シャツ」の着回し術5選


タイムレスに活躍してくれる「シャツ」は、きっと誰しもが一枚は持っている定番のアイテム。きちんと感が魅力だけれど、その着こなしにマンネリしていませんか……? 本記事では、シャツの定番な着こなしから、幅を広げてくれるアレンジ術をご紹介。これを活用すれば、飽きてしまったシャツの可能性が広がるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

シャツの着こなし幅を広げてマンネリさせない

そのままさらりと着るだけでもおしゃれなシャツだけれど、もっと着回すことができたらコスパも良いと思いませんか? ショップ店員なら、オリジナル性のある着こなしをすることで、お客様との会話に繋がったり、その着こなしを提案することができるかもしれません。

では早速、シャツの着回し術をご紹介しましょう!

スタンダードな着こなし方

テクが必要ない、もっともスタンダードな着こなし方はこちら。
ボタンを開けてインナーをチラ見せしたり、きちんとボタンを一番上まで閉めて清潔感をアップさせたりと、ボタンの閉め方を変えるだけでも印象の違いを楽しむことができます。さらにシャツの裾をアウトするかインするかでも雰囲気がぐっと変わるので、合わせるボトムスに合わせて調整してみるのが良いでしょう。

肩掛けでこなれ感を演出

簡単なアレンジ術として、さらりと肩掛けする方法があります。
カジュアルなTシャツとジーンズの組み合わせも、このテクニックを加えるだけでこなれ感がアップ。
類似するテクニックとして、シャツを背中に羽織り、両袖を胸の位置で結ぶ、俗に言う「プロデューサー巻き」や、シャツを斜めがけする「たすき掛け」もあります。
トップスとしてでなく、アクセサリー感覚で使うことによって、もっと自由にシャツを楽しむことができるのです。

新定番として定着! 抜き襟テクニック

数年前からトレンドとして定着した抜き襟テクニックも、ぜひ活用しましょう。

抜き襟とは、シャツの襟部分を後ろに引き下げる着こなし方法を指します。抜き襟することで、シャツがイマドキ顔にたちまち変化。
方法としては、まずは胸下くらいまでボタンを開けます。次にシャツの背面を引っ張って後ろに引き下げます。この時、浴衣の抜き襟と同様、拳一つ分を目安にするとだらしなくなりません。また、フロントをインすることで抜き襟が固定されるので、活用してみて。

通常の着こなしよりもうなじが覗く抜き襟だからこそ、それを活かしてアップヘアスタイルにしたり、首元にスカーフを取り入れるのもおすすめ。

カシュクールアレンジでヘルシーに

着物や浴衣のように胸元が打合せになったカシュクール。実は、シャツでもカシュクールにすることができるのです。
方法はとっても簡単! ボタンを全て開けた状態で、裾をクロスさせてボトムスにインするだけ。ヘルシーさが際立ち、いつもと違った印象が楽しめます。

本当にシャツ!? なビスチェ風アレンジ

最後に紹介するのは、ビスチェ風アレンジ。一見シャツとは思わないような、個性の強い着こなし術になります。
やり方は、袖に腕を通さず、胸の位置までボタンを留めます。腕を通さなかった袖部分を胸の前で結べば、ビスチェのような見た目が完成。この時、裾はインすることで全体のバランスが整います。

同じシャツでも、着こなし方を変えれば印象も変わります。それぞれの着こなしに対して、インナーや小物を変えるだけでも雰囲気の違いが楽しめますよ。

ご紹介した5つを参考に、手持ちシャツの着回し幅を広げてみてくださいね。

Fashion HRはファッション・アパレル業界に特化した求人情報サイトです!

FHR_top

ショップスタッフや店長などの販売職から、PR、MD、VMD、営業、総務/経理、秘書、ロジスティックスなどのバックオフィス職まで、外資系ラグジュアリーブランドから国内有名ブランドまで求人情報を多数掲載中。早速、会員登録をして求人をチェック!

   
無料会員登録する

記事一覧