ファッション業界でのお仕事・転職にまつわるリアルな情報を発信中!

記事一覧

Fashion HR ワーキングママ インタビュー【2】H&Mジャパン社長 クリスティン・エドマンさんが語る「“家庭とキャリア”、選択しなくていい働き方」 −前編−

エドマンさんtop
世界経済フォーラム(WEF)のジェンダー・ギャップ指数調査によると、日本のランキングは101位。スウェーデンが4位で、上位は北欧の国々が占めています。日本はなぜいまだにこのような労働環境にあるのでしょうか。

今回は、スウェーデン、香港で働いた経験からグローバルな視点を持ち、かつ日本での現状をよく知るクリスティン・エドマン=H&Mジャパン社長へのインタビューが実現。

日本の女性がファッション業界のみならず様々な分野で、自身の家族を大切にしながら、仕事に打ち込める環境づくりのために、何が必要なのか、エドマンさんにお伺いしました。

スウェーデンで見た男女平等の社会

−データから見ても日本とスウェーデンでは、男女が平等に働くことができる環境に大きな違いがありますよね。実際に日本からスウェーデンに移り住み、どんなギャップを感じましたか?

私自身、日本で生まれ育ったので、この環境しか知りませんでした。しかし、夫に出会い、スウェーデンに移り住み、実際に働き始めると、家庭も仕事もすべてにおいて本当に男女平等だということに驚きを受けました。私の家庭は父がアメリカ人で母が日本人ですが、父が仕事をして、母が家事などを取り仕切るという、典型的なアメリカの家庭でした。

スウェーデンに行った当初は、しばらく専業主婦をしていました。しかしスウェーデンには専業主婦などほとんどいません。ある日、カフェに入ったら、主婦など誰もいなくて、代わりに赤ちゃん連れの男性達を見かけたんですよね。後になって、スウェーデンでは男性も育児休暇を取って、子育てに積極的に参加し、また女性も出産後すぐに復職できる環境であることがわかりました。

「パパとママがワークライフバランスをうまく取ることが可能なんだ!」。そう実感したところから、H&Mでのキャリアがスタートしたんです。

−スウェーデンでの経験を踏まえて、今の日本は、男女が平等に働くことができる環境として後進国ということを感じますか?

残念ながらそれは強く感じます。今、私はこの立場になって、ファッション業界の様々なセミナーや会にお呼びいただきます。しかし、女性のトップは、私を含め2、3人だけで、ほとんど男性です。本当に特殊な業界だと思います。

女性社員を積極的にマネージャーに

−日本のファッション業界では女性の方のトップはまだまだ少ないですね。スウェーデンでは考えられませんか?

考えられませんね。スウェーデンでは、ほぼ50%のトップが女性です。H&Mもグローバルで見ると約76%の女性がマネージメント職に就いています。

−H&Mジャパンでは現在約3000名の社員のうち、マネージャー職の男女比率はいかがでしょうか?

ジャパンは女性が約8割で、マネージャー職が約50%です。また、マネージャー職のほとんどが28歳前後という若い層です。ですからまだワーキングマザーの数は少ないですね。マネージャー職の彼女たちが今から、出産、育児を経験することになると思います。

まず私が構想するサクセスストーリーとは、女性社員を積極的にマネージャーにすることです。現在の大きなチャレンジは、そのままマネージャー職の女性たちが育休を取得し、そして安心して復帰できる環境を整えるということ。

また、ワーキングマザーでもマネージャー職を目指したいと思えるよう、社員のメンタリティチェンジをサポートすることが必要だと考えています。
エドマンさんf

キャリアを子育てを選択しなくていい、というメンタリティ

−日本のファッション企業からはなかなか女性トップが生まれない状況ですが、H&Mジャパンでは確実にマネージメント職を担う女性社員が増えているんですね。それはどんなところに違いがあるからなのでしょう。

もともとスウェーデンの会社なので、女性としてはキャリアと子育てを選択しなくていい、というメンタリティがベースとしてあります。

選択しなくていいんです!両立することが当たり前なのですから。

ですから、どうやって環境を整えていけばいいかということを常に考えているんです。日本では、仕事か家庭、どちらかを選択をしなくてはいけないというところから変えていかなくてはならないと思っています。ここが大きなスターティングポイントですね。

 

家庭か仕事、どちらか選択せざるを得ないと常に考える女性達にとって、エドマンさんの言葉は良い意味でショッキングかもしれません。しかし、自身のキャリア形成と幸せな家庭を両立させる方法はあるはず。

他の国々との働く環境の違いと日本の現状を理解した上で、日本の女性が母親でありながら、充実した仕事環境を手に入れるにはどうすべきなのでしょうか。まだまだエドマンさんへのインタビューは続きます。

インタビュー中編はこちら>>
インタビュー後編はこちら>>

H&Mジャパン株式会社|採用情報

logo

H&Mでは2017年卒 新入社員を募集します!

【職種】接客・販売
【募集役職】店舗内マネージャー職候補、ヴィジュアルマーチャンダイザー職候補、ショップコントローラー職候補
【雇用形態】正社員
【仕事内容】販売職(店舗での接客、在庫管理や店頭及び陳列ディスプレイなど )からキャリアをスタートし、将来的に上記のポジションになれる方を募集しています。
【募集人数】若干名
【勤務地】日本全国のH&M STORE
【選考ステップ】マイナビ2017よりエントリー開始(3/1〜)
【HP】www2.hm.com

 

ファッション業界で女性が働くためのヒントを聞くスペシャルインタビュー
「FashionHR ワーキングママインタビュー」をチェック!
WorkingMOM

 

Fashion HRはファッション・アパレル業界に特化した求人情報サイトです!

FHR_top

ショップスタッフや店長などの販売職から、PR、MD、VMD、営業、総務/経理、秘書、ロジスティックスなどのバックオフィス職まで、外資系ラグジュアリーブランドから国内有名ブランドまで求人情報を多数掲載中。早速、会員登録をして求人をチェック!

   
無料会員登録する

記事一覧