ファッション業界でのお仕事・転職にまつわるリアルな情報を発信中!

記事一覧

「PRに求められるスキルは臨機応変さ」。国内アパレルブランドのプレスYさん|ファッション業界 職種別インタビュー

ファッション業界でご活躍中の方にご自身のキャリアやお仕事内容について伺うシリーズ「職種別インタビュー」。ファッション業界のプレスとして10年以上のキャリアを積み、現在は国内アパレルブランドのプレスとして活躍中のYさんに、仕事のやりがいやPRに求められるスキルについてお聞きしました。

国内人気ブランドのPR として活躍中のYさん – Fashion HR職種別インタビュー【1】

ブランドとしての露出を獲得していくことはもちろん、その先の売上に繋がっていく事に重点を置く

―現在のお仕事についてお伺いできますか?

現在は国内某アパレルブランドのPRとして、PR業務を1人で担当しています。

―1人で!それは大変そうですね。プレスというと、企業やブランドにPR担当として入社しPR業務を行うインハウスのPRと、企業やブランドから委託をされPR業務にあたるPR会社やアタッシュドプレス(前回記事「未経験から憧れのPRとしての一歩を歩みだす」参照)がありますが、YさんはなぜインハウスのPRとしてのお仕事を選ばれたのですか?今のお仕事のやりがいなどを教えて下さい。

PR会社やアタッシュドプレスは多くのクライアントに対してのPR業務のみを担うので「媒体でページ数をどれだけ獲得できたか」やブランドのイメージコントロールに特化しているのではないかと思います。

私のようなインハウスのPRはブランドとしての露出を獲得していくことは同じですが、その先の売上に繋がっていく事に重点を置きます。結果が「売上」という目に見える数字で現れるので、前年に比べて売上が明らかに上昇した時などに、私は最もやりがいを感じます。「実売に繋がる」というこの仕事の醍醐味を経験してしまったので今はインハウスのPRを選択して良かったです。

優秀なPRに必要な要素=臨機応変さ

―ズバリ優秀なPRにとって必要不可欠な要素は何だと思いますか。

PRの仕事に求められるのは、やはり臨機応変さです。ファッション業界を率いているトップスタイリストや、実際にメディアを動かしている編集者はトレンドの発信源。制作の現場は彼らのアイデアを元に常に動いているので、急な予定の変更や突然のリース依頼など、自分が想定していなかったことをお願いされることもあります。そんなときにも臨機応変に、そして冷静に対応できるかが重要です。

どうしても無理なことは、お断りしなければならないこともあります。そこで説得力のある代案を提供することができるかどうか、結果的に波風を立てず、ご納得いただくことができるかどうか。そんなスキルも業界内での評価にも繋がっていくのではないでしょうか。

―「PRに向いている人」についてお伺いしたいのですが、どのような素質が必要だと思いますか?

“素質”という点だけで言うと、正直PRは体力があれば誰でもなれる職種だと思います。ただ、私の大先輩や、長年PRとして活躍されているお友達を見ていると、皆さん一見すごく個性的で自己主張も強そうに見えるのですが、実はその反対で、周囲との調和を重んじ、カメレオンのように場に応じてコミュニケーションの方法を変えている。

プライベートでも仕事でも、一緒に居て気兼ねなく、心地よい存在になれることは大切かもしれないですね。

国内人気ブランドのPR として活躍中のYさん – Fashion HR職種別インタビュー【1】

ワーキングマザーは業界全体で増加傾向に。

― 最近、Fashion HRでもファッション業界で活躍するワーキングマザーの実態の記事を掲載しました(過去記事「産休後は退職しないで時短勤務を選ぶべき?」参照)。子供を授かり、親になってもPRというお仕事を続けることは可能なのでしょうか?

正直、10年前でしたら「子供ができたら、仕事は辞めざるを得ない」というイメージが強かったです。ただ今では、業界でも有名なPRの女性がベビーシッターを雇いながら、フルタイムで仕事を続けているなど、業界全体でワーキングマザーが増加傾向にあると思います

こういった身近な事例を参考にして「仕事と子供、どちらかを選ばなくても大丈夫なんだ」という流れが徐々にできてきていると感じます。

―最後に、SNSの普及で雑誌などメディアの在り方が変わってきたと思います。こういった流れはPRでどのような影響が出ていますか?

実際に近年、雑誌など紙媒体の力は減少しており、紙媒体を購入する層も激減しています。私のブランドでは現場(=店舗)を主軸に試行錯誤し、店舗でのイベントを強化しています。人気のモデルさんとスタイリストさんをお呼びして、顧客様向けのトークショーを行うなど、より実売に繋がるための施策が重要になってくるのではないでしょうか。

PRの素質として「臨機応変さ」や「コミュニケーション能力の高さ」についてお話させていただきましたが、これからのPRはPCスキルを身につけていくことも大切だと感じます。

弊社では社内にグラフィックデザイナーがいますが、私は基本レベルのPhotoshopとIllustratorが使えるので、簡単なプレスリリースやDMは原稿から構成、デザインまで全て1人で行うことができます。1人で行っているのでいかに効率的に業務を行うかを考えつつ、全て行っている事が自分自身のスキルアップに繋がっていると思っています。

―ありがとうございました。

※2014年9月9日に公開

Fashion HRはファッション・アパレル業界に特化した求人情報サイトです!

FHR_top

ショップスタッフや店長などの販売職から、PR、MD、VMD、営業、総務/経理、秘書、ロジスティックスなどのバックオフィス職まで、外資系ラグジュアリーブランドから国内有名ブランドまで求人情報を多数掲載中。早速、会員登録をして求人をチェック!

   
無料会員登録する

記事一覧