アパレル・ファッション業界の求人・転職ならFashion HR

記事一覧

夏でもおしゃれを諦めない!涼しく着られる夏コーデのコツ

気象予報では今年の夏は酷暑、それも長く続くことが予想されると発表されました。毎年暑さを更新しているのではないかと疑うほどに日本の夏は暑く過酷になっており、この暑さの中ではおしゃれを楽しむ気力など失せてしまう、という声もよく聞きます。確かにおしゃれをしても外を歩けばすぐに汗だくになり、洗濯回数が増えることからお気に入りの衣類が傷みやすいのも事実。しかし、より涼しく快適に装うコツを知っていれば、夏でもファッションを存分に楽しむことは可能。そこで今回は、涼しく快適に過ごせる夏コーディネートの秘策をお教えします。

【目次】
服の色で体感温度が変わる
天然素材&機能派素材で暑さを攻略
風を通しやすいシルエット
涼しい着こなしのコツ
夏でもレイヤードを諦めない

服の色で体感温度が変わる

色によって太陽光の吸収率が変わることをご存知の人は多いと思います。最も日差しを吸収するのは黒ですが、ネイビーや茶色、濃いグリーンなども太陽光を吸収しやすく、一方で白やピンク、グレー、黄色などは光を反射し熱エネルギーを吸収しにくい、いわゆる「涼しい色」。なお、数色のポロシャツを炎天下に置いて温度を測る実験結果では、短時間だと白が最も涼しく、長時間だとピンクの温度上昇が低かったそう。淡いピンクなら涼感もあり肌色を明るく見せる効果もあります。今期はピーチ・ファズと呼ばれるライトなピンクやシュガーホワイトといったペールトーンがトレンドカラーなこともあり、涼しさを追求しつつトレンドも叶うコーデがしやすい夏と言えるでしょう。


天然素材&機能派素材で暑さを攻略

いくら見た目が涼しげな白いシャツでも、その素材がポリエステルやレーヨン、ナイロンといった化学繊維オンリーのものだと着ている方は暑くてたまりません。これらの素材は耐久性に優れていてお手入れは簡単ですが、通気性と吸水性が悪いため汗をかいても汗を吸うことなく、シャツの下は汗だく状態に。こういった素材はファストファッションブランドで使用されていることも多く、デザインのかわいさと手頃な価格に惹かれて購入することもよくあること。しかし夏場は購入前に必ず素材をチェックし、快適な素材かどうかを見極めることが肝心です。

逆に夏に最適なのは、麻やコットン、シルクなどの天然素材。中でも麻(リネン)は通気性がよく熱を逃しながら水分を吸収し、速乾性にも優れているため、夏との相性は抜群。ただしシワになりやすい点だけ注意しましょう。また、コットンならシアサッカー生地がおすすめで、これは生地表面の凹凸が肌との接地面積を減らしサラリと快適に着られるため。また、最近では主にアウトドアブランドが独自に開発した冷却機能素材の衣類を販売しています。接触冷感に吸水速乾、UVカット機能などを持つこれらのウエアは、トレンドのブロークコアにもお似合い。こういった夏に涼しく着られる素材を選ぶことで、見た目にも涼しげな装いを楽しめます。


風を通しやすいシルエット

服が肌に張り付かず、衣類の間に風の通り道を作ること。これは涼しい夏スタイルの鉄則です。トレンド継続中のオーバーサイズやワイドパンツ、ロングスカートなど、肌に密着しないシルエットの洋服だと体の熱が衣服の中こもらず、汗も乾きやすいメリットが。首回りや袖口、裾などが広がったデザインがベストでしょう。トップスも全部ウエストにインしてしまうと風通しの妨げとなるため、フロントのみを緩くインしたり、インせずともバランスよく決まる着丈の服を選ぶのもポイント。シルエットはもちろんですが、素材もほのかに肌が透けるレースを取り入れたり、涼感あるラフィア素材の小物をアクセントにする、足元はサンダルで抜け感を出すなど、細部にも涼しいイメージのあるアイテムを取り入てみてください。


涼しい着こなしのコツ

着る枚数が少ないほど涼しい。そう思いがちですが、実はインナーを活用する方が涼しく感じられます。それはインナーが汗を吸収し発散することで、肌温度の調整ができるから。昨今はクール機能を持つインナーも多く、1枚着ることで体感が涼しく汗による不快感を軽減できるほか、洋服に直接汗がつくのを防ぎ、汚れから守ってくれる役割も。また、見た目にも暑苦しく見える汗染みや汗による衣類の張りつきも防いでくれるので一石二鳥です。ただ女性の場合はブラジャーにインナーを重ねるため、どうしてもバスト周りに汗をかきがち。そんな時はブラとインナーが一体になったブラトップを選んだり、下着メーカーから発売されている、夏用の通気性に富んだブラジャーを試してみてください。


夏でもレイヤードを諦めない

バレエコアブームの影響もあり、チュールなどを重ねるレイヤードスタイルが変わらず人気です。暑い夏に重ね着は難しいと感じるかもしれませんが、素材や組み合わせによっては目にも涼しげなレイヤードスタイルが完成します。ノースリーブやタンクトップの上にシアーな素材のシャツを重ねたり、Tシャツの上からリネンの前開きワンピースをコート風に羽織るなど、素材を夏らしいものにすれば暑苦しさとは無縁に。暑い日にノースリーブ1枚という人は多いですが、実は麻や綿素材の薄手の長袖シャツなどを1枚羽織る方が直射日光に肌がさらされないため逆に涼しく感じられ、日焼けも防げます。大人世代の場合はタンクトップにワイドパンツ、そこにオーバーサイズの薄手シャツを羽織るなどのさりげない重ね着が品よく見えますが、この際に気をつけたいのが色。アウターやボトムスなど面積の大きなアイテムにはアイスグレーや白、淡いブルーなどの清涼感ある色を使うのが鉄則で、これらをダークトーンにすると一気に暑苦しい印象になるのでご注意を。また、同じトーンで少しずつ色をグラデーションにして重ねるのも品よくまとめるコツです。柄物を取り入れる際も、ストライプやボーダーなど涼しげなパターンを選びましょう。

暑い日はおしゃれを諦めそうになりますが、涼しく、かつ素敵に装うのはコツを知っていれば意外と簡単です。ちなみにですが、夏は汗をかくのでこまめな洗濯が欠かせません。そのため服を選ぶ際は、自宅で気軽に洗えるかどうかも大きなポイントになります。麻素材の服はシワになりやすいため、着る前にシャキッとアイロンでプレスをかけておくのも清潔感と清涼感を演出するポイントです。

TEXT:横田愛子

Fashion HRはファッション・アパレル業界に特化した求人情報サイトです!

FHR_top

ショップスタッフや店長などの販売職から、PR、MD、VMD、営業、総務/経理、秘書、ロジスティックスなどのバックオフィス職まで、外資系ラグジュアリーブランドから国内有名ブランドまで求人情報を多数掲載中。早速、会員登録をして求人をチェック!

   
無料会員登録する

記事一覧