アパレル・ファッション業界の求人・転職ならFashion HR

記事一覧

梅雨シーズンに知っておきたい撥水と防水の生地加工の違い

梅雨シーズンを目前にして、気になるのが水濡れ。撥水・防水加工が施されたアイテムは、どこか無骨なイメージがありますが、近年ではカジュアルなブランドでも取り扱いが多くなり、雨の日でもおしゃれを楽しむことができるようになっています。これらのアイテムを使ってお客様に着こなしを提案する場合、撥水・防水についてある程度の説明ができることが望まれます。今回は撥水・防水加工の仕組みや、それらの機能を持った生地についての基礎知識を紹介します。

【目次】
撥水加工とは
防水加工とは
代表的な防水素材
生地の特徴
取り扱う際の注意点

撥水加工とは

撥水加工は生地の表面をシリコンやフッ素などでコーティングする加工です。この加工を施すことにより、生地から弾かれた水は玉のような形になって転がり落ちます。撥水加工は布目の隙間を塞がないことにより空気を通し、蒸れを防ぐという通気性が大きなメリットです。しかしその反面、完全に水分を遮断できるわけではなく、激しい雨などに遭うと生地に水分が染み込みます。撥水加工が施されていない服でも市販のスプレーを使うと一時的ですが撥水効果を得ることができます。撥水加工の生地は一般的なミシンで縫うことができるのでハンドメイドしやすく、レインコートやエコバッグ、エプロンなどさまざまな商品に用いられています。


防水加工とは

防水加工は塩化ビニールや合成ゴムなど、生地そのもので水分を通さない、もしくはゴムや樹脂によるコーティングで生地の目を完全に塞ぐ加工です。撥水加工のように使用を続けるうちに効果が落ちることがなく、激しい雨でも水を通さないことがメリットです。しかし生地の目や隙間を完全に塞ぐことにより通気性がなく、汗をかいたときに蒸れやすいことがデメリットとなります。

コーティング加工

コーティング加工は生地の表面にゲル状の樹脂材を塗布する加工で、アクリル、塩化ビニール、ポリエチレン、ウレタンなどが主に用いられます。コーティング加工には生地面に樹脂を塗り、そのまま乾燥させる乾式と、生地に樹脂を塗布した後、凝固層・水洗槽を経由して乾燥させる湿式の2種類があります。水分や湿気を外に逃がす透湿性を重視する場合はウレタンによる湿式コーティング、防水性を重視する場合はアクリルなどによる乾式コーティングが主に用いられます。合成皮革ではコーティングに加えてエンボス加工を施すことで、生地の見た目を本物のレザーに近い質感に仕上げます。見た目に彩りを添えるコーティング加工のバリエーションには、他にエナメル加工やパールコーティング、オイルクロスなどがあります。

ラミネート加工

ラミネート加工は接着性のある生地をフィルムに貼り付ける加工です。接着の方法には接着剤、合成樹脂、もしくは熱による接着が用いられます。ラミネート加工された生地にはハリとコシがあり、切った部分がほつれず手入れがしやすいことが特徴です。防水性はコーティング加工よりも高くなりますが、透湿性を得るには専用のフィルムが必要になります。


代表的な防水素材

近年では防水透湿素など、水を通さず空気だけを通すという特殊な防水フィルムも開発されています。代表的なところではゴアテックスがよく知られていますが、有名ブランドが様々な防水素材を開発しています。

ドライテック(mont-bell)

mont-bellが独自開発した防水透湿性素材。一般的なポリウレタン防水素材は防水性が高ければ高いほど透湿性が低下するという問題がありました。mont-bellが開発したドライテックは雨を防ぎながら、汗の水蒸気をスムーズに外に逃がします。生地表面には撥水加工を施しています。今年5月にはmont-bell史上最軽量、最も透湿性の高いモデル「スーパードライテック」も誕生しました。

FUTURELIGHT™(THE NORTH FACE)

THE NORTH FACEが独自開発した“通気する防水素材”。ナノサイズ・ファイバーを不織布に難中にも吹きつけることで無数のナノレベルの隙間(通気孔)が生まれます。そこがウェア内の熱や湿気の通り道となることで高い防水性と通気性を実現し、悪天候時などでもアッパーからの水の浸入をシャットアウトしながら内部の蒸れをハイレベルで排出してくれます。

H2No(Patagonia)

Patagoniaは防水性・透湿性・耐久性における最高レベルの厳しい基準「H₂Noパフォーマンス・スタンダード」を設け、テストをクリアした素材を「H₂No」としました。多くの防水素材の機能は経年によって少しずつ劣化していきます。劣化の原因であるポリウレタン素材の加水分解に確実に抵抗できる測定基準を取り入れることで、H₂No製品の寿命をのばすことに成功しました。


生地の特徴

ナイロン(撥水生地)

ナイロンは1935年に世界で初めて開発された合成繊維です。ナイロンの糸を使って高密度に織られたナイロン生地は湿気を寄せ付けず、非常に高い撥水効果を発揮します。薄手で折りたたみやすくするにはナイロンタフタ、厚手でしっかりした生地にするならナイロンオックスなど、織り方にも特色があります。軽く丈夫な素材としても知られており、引っ張っても簡単に破れることがないなど耐久性も抜群。表面がなめらかなので傷みにくく、この特性を活かしてスポーツや作業用のウェア、雨具、エコバッグなど、さまざまな用途に用いられています。手入れがしやすいのも特徴で、アルカリ洗剤を使って洗濯機で洗うこともできます。一方で熱に弱く、アイロンに適さないことや、静電気を帯びやすいといったデメリットもあり、直射日光などに当たりすぎると変色するおそれがあります。

ポリエステル(撥水生地)

ポリエステルは、ペットボトルと同じポリエチレンテレフタレートという化学物質を原材料とする合成繊維です。ナイロン同様に撥水性は高いのですが、防水性はほとんどありません。しかし、繊維の特性として乾きやすく、ナイロンのように軽くて丈夫、虫が寄り付きにくい、シワになりにくいので保管しやすいことがメリットとして挙げられます。天然素材と混紡して肌触りを良くしたり、アルカリ処理で水を加えて繊維を細くし、繊細な風合いを生み出すなど、表現の幅が豊かなことも特徴です。一方で、色移りがしやすい、汚れがつきやすい、帯電しやすいといったデメリットもあります。扱いやすい素材で、衣料全般から小物、インテリアまで幅広い用途で使用されています。

ラミネート(防水生地)

ラミネートは先の項目でも述べた、ラミネート加工を施した生地になります。布地にはポリ塩化ビニールを使うことが多く、生地に光沢を出したい場合などによく用いられます。防水性が高く汚れにも強いので化粧ポーチやプールバッグなどに向いています。ラミネート生地はフィルムによる厚さがあるため家庭用ミシンでは縫いにくく、一度穴を開けると目立って仮縫いができない、アイロンがかけられないなどの扱いにくさがあります。ハンドクラフトの初心者には、慣れるまで若干、難易度が高く感じられるでしょう。また、経年劣化で黄ばんでくることもあります。


取り扱う際の注意点

撥水加工が施された服は、取り扱いに注意してこまめに手入れをすると効果を長く持続させることができます。まず、洗濯の頻度ですが、撥水機能を落とさないよう、普段は汚れたらすぐ拭き取るぐらいにして、あまり洗濯機で洗いすぎないようにしましょう。洗濯表示を確認して、家庭の洗濯機で洗えないものはクリーニング店に持ち込みます。撥水のオプションがある場合は同時に注文しましょう。

家庭で選択できる場合、撥水生地や合成繊維用の洗剤を使うのが望ましいですが、ない場合は中性洗剤でも問題有りません。ここで気をつけたいのが、柔軟剤や柔軟剤入りの洗剤を使用しないこと。柔軟剤に入っているコーティング機能は撥水性を落としてしまいます。自動で洗剤や柔軟剤を投入する洗濯機の場合、最初は別の容器に入れたぬるま湯に浸からせて手で押し洗いします。その後で洗濯機に移し、すすぎ・脱水を行います。生地に残った洗剤も撥水機能を下げる原因になるため、すすぎは多めの水を使って、時間も通常の倍に設定しましょう。脱水時間は短めにします。洗濯後は色落ちを防ぐため、なるべく日陰に干しましょう。低下した撥水機能を復活させるには熱を加えることが効果的です。家庭でできる方法として、洗濯後、15〜20分ほど乾燥機にかける、ドライヤーの温風を当てる、あて布をしてアイロンをかける(スチームはNG)などがあります。

TEXT:伊東孝晃

Fashion HRはファッション・アパレル業界に特化した求人情報サイトです!

FHR_top

ショップスタッフや店長などの販売職から、PR、MD、VMD、営業、総務/経理、秘書、ロジスティックスなどのバックオフィス職まで、外資系ラグジュアリーブランドから国内有名ブランドまで求人情報を多数掲載中。早速、会員登録をして求人をチェック!

   
無料会員登録する

記事一覧