アパレル・ファッション業界の求人・転職ならFashion HR

記事一覧

アパレル、貯金ができない…!? 一人暮らしの場合やうまくいく貯金方法をピックアップ


アパレル業界で働いていると「貯金ができない」なんて話を耳にしたことはありませんか? 職業柄、洋服代や美容代にお金をかける人が多く、貯金が難しいというのも頷けます。しかし、急な出費や将来のために備えて、ある程度の蓄えがあるに越したことはありません。今回は、うまくいく貯金方法をメインにお金にまつわるあれこれをご紹介します。

貯金できないのは、お給料が低いせい?

例えばアパレルの販売員だとしたら、平均月収はおよそ17万円〜20万円前後であることが多いようです。では、この額で貯金することは難しいのでしょうか? 月収18万円であるAさんの月々の出費を参考に見てみましょう。

Aさんの月々の出費
家賃:70,000円
光熱費:10,000円
洋服・美容費:30,000円
携帯使用費:20,000円
飲食費:40,000円
交際費:10,000円

計180,000円

Aさんは、月収を毎月ほぼ全部使い切ってしまうため、貯金できないのが悩みで、現在の職場は気に入っているものの給料アップを狙って転職を考えているそう。しかし、固定費以外の出費を見直せば少額でも貯金することができるのです。
では、どんなところを変えれば良いでしょうか?

携帯使用費を見直してみて!
Aさんの月々の携帯使用費は、約20,000円。少し高いかな? という印象だったので内訳を聞いてみたところ、基本代金等に加えて動画配信サービスの使用料として月々約2,000円、楽曲配信サービスの使用量として約1,000円、オンライン漫画の課金で約2,000円かかっているそう。娯楽としてなかなか切り捨てるのは難しいかもしれませんが、これら全てをやめたとしたら月々5,000円も変わってくるのです。年間にすると60,000円もの差がついてくるので、携帯にかかっている料金を見直すのをおすすめします。

飲食費はもっと浮かせられるはず!
Aさんの月々の飲食費は40,000円ほどで、一人暮らしだとするとこれは平均的な額です。しかし、貯金をするためにはここも見直すことができます。
40,000円の内訳はというと、ランチは毎回コンビニか食べに出かけているため15,000円、夕食代と朝のコンビニでのコーヒー代として25,000円ほどかかっているそうです。

節約し、貯金するためには外食でのランチの代わりにお弁当を作ってみましょう。お弁当を作ることでおよそ7,000〜8,000円ほど浮かすことができます。また、毎朝の一杯150円のコンビニコーヒーを辞めたとしたら、20日間で3,000円の節約となります。これらを実行することで、月々10,000円も変えることができます。

洋服・美容費も見直せるかも
アパレル販売員という職業柄、洋服や美容にお金をかける気持ちも十分理解できます。Aさんは洋服に月々およそ15,000円、ヘアメンテナンスやネイル代として月々15,000円ほど使用しているそうです。この美容代を見直してみましょう。例えばヘアカラーやカットなどは、無料でしてくれるカットモデル、カラーモデルを探してみたり、ネイルは思い切ってジェルネイルを辞めてセルフネイルにしてみるなど、お金のかからない方法を探します。美容費を月々5,000円に抑えられたとしたら、1万円浮くことになりますよね。

では、これらの方法を実践してどのくらい変わるかチェックしてみましょう。

Aさんの月々の出費、見直し後
家賃:70,000円
光熱費:10,000円
洋服・美容費:30,000円▶︎20,000円
携帯使用費:20,000円▶︎15,000円
飲食費:40,000円▶︎30,000円
交際費:10,000円

計 180,000円▶︎155,000円

毎月180,000円の出費がありましたが、見直し後25,000円も浮かせることができました。これを年間にすると、300,000円の貯金をすることが可能になります。

貯金を始めるとお金が貯まる楽しさを実感したり、安心感につながるので少額ずつでも良いのでぜひ始めてみましょう。

私はこんな方法で貯金をしています!

次に、こんな方法で貯金に成功したという実際の声をご紹介します。今すぐ真似できる術ばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

飲食はほぼ自炊で頑張った結果……
「もともと料理はせずに、外食か買ってきたものばかり食べていましたが、貯金をしようと考えた時に自炊にするとどのくらい変わるのか? ということが気になり実践することに。朝は食べないのでブランチとしてお弁当を持参、夕食もほぼ自炊で1ヶ月過ごしてみたところ、月々の食費の出費が20,000円も変わったんです。しかも、なぜか体重も2kg減り、お肌の調子もよくなり思わぬ見返りがあってびっくり! 今では料理するのが楽しく、休みの前日は友人たちを呼んでホームパーティをして楽しんでいます。私が全て作るという前提で、材料費は友人が払ってくれたりするのでありがたい……!」

積立貯金で強制的に貯金!
「今まで何度か貯金を試してみたのですが、友人から飲み会に誘われたり素敵なお洋服に出会ったりすると“まあ、いいか”と貯金を先延ばししてしまっている自分がいて…… とにかく甘えが出てしまうので、積立貯金で月々30,000円貯めることに。積立貯金は毎月自動的に決めた額を貯金することができ、しかも簡単には引き出せないので私のような甘えてしまう人間にはぴったりだなと思いました。元からその30,000円はなかったものとして月々の出費を考えられるようになったので、貯金は苦手、という人にはおすすめかも」

家計簿アプリで「見える化」
「給料日前になると、なんでこんなにお金がないんだ? と毎月悩んでいるので、家計簿アプリを使って何にいくら使っているか確認することにしました。そしたら、思ったよりも交際費や飲食費にお金がかかっていることに気がついて削れるところは削ろうと決心しました。今月使えるお金はあといくらかというのも分かりやすいので、無駄なお金を使わなくなりましたよ」

強制的にお金を使えなくする!
「つい素敵なものがあるとクレジットカードでお買い物をしてしまい、何度分割払いにしたことか…… 毎月そんなことをしていたら、自由に使えるお金がなくなってしまったのと、同い年の友人の貯金額を聞いてショックを受けたので、強制的にお金を使えなくする方法に出ました。それは、決めた額の現金しか持ち歩かないこと! もちろんクレジットカードも持ち歩きません。500円だけ財布に入れて仕事へ向かい、それしかお金を使えないようにしたらちょっとずつ余裕が出てきました。もうしばらく、この方法を続けようかな」

 

このように、それぞれが様々な方法で貯金を実践しているようです。
筆者も以前は貯金が全くなく、毎月給料ちょうどを使い切っていて、お金のないストレスに悩まされていました。しかしいざ貯金を始めてみるとお金を貯めるという行為が楽しくなり、かつ安心感を得られるようになったのです。更に「これを買いたい!」という欲が薄くなったというメリットも。貯金があることによって「今買わなくても、いつでも買えるか」と気持ちに余裕が持てるようになり、月々の出費が減っていったのです。

貯金によるメリットはたくさんあるので、ぜひ今から実践してみてはいかがでしょうか。

Fashion HRはファッション・アパレル業界に特化した求人情報サイトです!

FHR_top

ショップスタッフや店長などの販売職から、PR、MD、VMD、営業、総務/経理、秘書、ロジスティックスなどのバックオフィス職まで、外資系ラグジュアリーブランドから国内有名ブランドまで求人情報を多数掲載中。早速、会員登録をして求人をチェック!

   
無料会員登録する

記事一覧