アパレル・ファッション業界の求人・転職ならFashion HR

記事一覧

アパレル面接、履歴書の証明写真どうする? 服装やピアスなど許容範囲を解説


就職、転職活動をする中で大切な面接に繋げるため「履歴書」にも力を入れたいですよね。志望動機や自己PR欄に何を記入するのかが重要ですが「写真」にもきちんと意識を向けたいです。本記事では、アパレルならではの「証明写真、ピアスはOK?」「カラコンはしてもいいの?」といった疑問の他、服装などについても詳しくご紹介します。

まずは証明写真の基本的なルールをおさらい

服装やメイクなども気になる点ですが、まずは証明写真を用意するにあたって基本的なルールを押さえておきましょう。

【1】写真サイズはタテ40mm×ヨコ30mmを用意する
履歴書用の写真はタテ40mm×ヨコ30mmが一般的です。履歴書の貼り付け欄にも「縦 36mm〜40mm、横 24mm〜30mm」と記載されていることがほとんどなので、規定サイズに従いましょう。写真館で撮影する際には就活用、履歴書用と伝え、スピード写真で撮影する場合には履歴書用というのを選択します。

【2】写真はなるべく3ヶ月以内に撮影したものを使用する
企業によって異なってきますが「写真は3ヶ月以内に撮影したもの」と指定されている場合もあります。これはアパレル企業のみならず、ほとんどの企業で共通の暗黙ルール。証明写真とはその人が本人であるという証明をする写真なので、1年前に撮影したものが余っていたとしても使用は避けましょう。

【3】上と左右に余白を作る
一般的に証明写真は、顔の上と左右に若干余白を作ります。顔が遠すぎると印象が伝わりづらく、近すぎても表情が見えづらくなってしまいます。

【4】裏面に名前を記載しておくと親切
撮った写真を貼り付ける前に、証明写真の裏面に名前を記載しておきましょう。これは万が一写真が剥がれてしまった際に誰だか分からなくなってしまうのを防止するためです。気づかれない場合が多いですが、剥がれてしまった時のことを考えると親切ですよね。それがちょっとした好印象に繋がってくれるでしょう。
名前は、滲まないよう細めの油性ペンで記載します。

ここまでが、証明写真の基本的なルールになります。
では次に、アパレルならではの証明写真に対する疑問についてご紹介していきます。

ピアスやカラコン…… 服装はどうしたらいいの?

アパレル以外の企業であれば、就活用の写真はスーツ着用が一般的ですよね。しかしアパレルではその人のファッションセンスやイメージも重視しているため、私服で臨むのが好ましいでしょう。その中で出てくる「どんな服装がいいの?」「ピアスやカラコンの装飾はOK?」などの疑問を、アパレル会社の人事担当Yさんに聞いてみました。

Q. やはり私服での撮影が良いでしょうか?
「スーツの指定がない限り、私服での撮影が良いですね。スーツだとその人がどんなファッションを着ているかなどイメージがしづらいからです。証明写真に映る服の面積はかなり少ないですが、トレンド、清潔感を押さえたトップスが好印象です。逆に避けた方がいいと思うのは、いくら私服といえ、Tシャツやパーカーといったカジュアル過ぎるもの。
弊社では履歴書に貼る証明写真だけですが、他企業では全身写真も送るよう指定しているところもあります。その場合、ブランドイメージにマッチする服装、服装が分かりやすい場所での撮影が良いですね。おしゃれな雰囲気で撮影したいのも理解できますが、背景がごちゃごちゃしていたり、人物が遠いアングルは避けた方が良いでしょう。」

Q. ピアスは着けていても良いですか?
「シンプルなものであれば良いと思います。耳元の装飾が派手すぎるから面接に繋がらないということもありませんが、顔の印象よりもピアスに目がいくような大ぶりなもの、華美すぎるもの、いくつもつけるというのは避けた方が無難かもしれませんね。」

Q. カラコンは着用してもOKですか?
「これもピアス同様、瞳を少し大きく見せるようなシンプルなものであればOK。普段からカラコンを着けている人であれば、着けていた方が自信を持って写真を撮れますもんね。ただし、不自然な大きなサイズのもの、色や柄が強すぎるなど、特徴があるものはブランドイメーにマッチしないかもしれないので避けた方が良いです。」

Q. 自分で撮った写真を使用しても良いですか?
「綺麗に撮影できていれば良いと思いますが、写真館やスピード写真の方が良いですね。過去に履歴書の写真を見ていたときに、これは明らかに加工だ! と思う不自然な写真がいくつかあって…… 正直あまり印象は良くなかったですね。写真を加工しすぎると、たとえ面接にまで繋がったとしても印象が違いすぎて困惑する場合もあるので、避けてほしいですね。」

止むを得ず自分で撮影するときに注意したい点とは?

写真館やスピード写真で撮影するのが良いですが、止むを得ず自分で撮影しなければならない場合もあると思います。そんなときに注意したい点をご紹介します。

【1】顔はまっすぐカメラに向ける
あごを引きすぎて見上げたり、逆に上げすぎて見下ろした角度にならないよう顔の位置はカメラとまっすぐになるようにします。また、両肩が平行になるよう姿勢も正します。
自宅で証明写真が撮影できる証明写真アプリもいくつかあるので、活用するのも良いかもしれません。顔の位置や表情の作り方を指導してくれたり、自然に美しい肌に補正してくれる嬉しい機能付きアプリもあります。

【2】光の入り方に注意する
暗い部屋での撮影は表情までどんよりして見えてしまうので避けましょう。また、蛍光灯の下で撮影すると顔に影が落ちてクマなどに見えてしまう場合もあるので、表情が明るく自然に見えるような光の場所で撮影しましょう。自然光がナチュラルに、柔らかな雰囲気に見せてくれるのでおすすめです。また、膝の下に白い布などを置くと顔色が明るく映えるのでぜひ活用してみてください。

【3】シンプルな壁の前で撮影する
証明写真アプリで人物だけ切り抜いてくれる場合もあるようですが、撮影する際には白、グレーなどのシンプルな壁の前で撮影します。

その他、服装やピアスなどのポイントは、上記でご紹介した点を参考にしてみてください。

顔の印象を左右する! 写真映えするメイク方法

最後に、証明写真にぴったりな「映えるメイク」方法をご紹介します。

【1】清潔感のあるメイクを心がける
写真として映えるかもしれませんが、アイメイク、チークやリップが濃すぎる厚化粧は避けます。清潔感を与えるメイクであれば、好印象になるでしょう。

【2】自然な血色感を演出
色が濃すぎるチークやリップは避けたいですが、自然な血色感を与えてくれるチークやリップで表情を明るく見せましょう。温度を感じる箇所があるだけで、顔全体が立体的に見える効果も。

【3】光を味方につけてフレッシュに!
ハイライトなどを使用して瑞々しい表情を演出しましょう。ツヤがあると健康的に、明るい印象を与えてくれます。頬骨の上、鼻先、唇の山の上、あご先につけるとバランスがよく、生き生きと見せてくれますよ。

【4】眉毛メイクできちんと感を演出
眉毛メイクをきちんとしているかしないかで、かなり印象が変わってきます。毛流れを整えてから眉毛の隙間をペンシルで埋め、パウダーやマスカラで全体の色が同じになるよう整えましょう。

【4】ヘアスタイルもきちんと整える
メイクだけでなく、ヘアスタイルも清潔感を意識します。髪が長い人はまとめ髪にし、短い人はサイドの髪の毛を耳にかけ表情が伝わるようにします。前髪が眉にかかる場合も表情が伝わりづらくなってしまうので、見えるように調整しましょう。

 

 

履歴書の証明写真について気になるポイントをご紹介しました。Fashion HRでは、履歴書の書き方の他、面接での服装などについてもご紹介しています。下記よりぜひチェックしてみてください。

履歴書の書き方をマスター!
アパレル面接の服装、こんな点を意識してみて

Fashion HRはファッション・アパレル業界に特化した求人情報サイトです!

FHR_top

ショップスタッフや店長などの販売職から、PR、MD、VMD、営業、総務/経理、秘書、ロジスティックスなどのバックオフィス職まで、外資系ラグジュアリーブランドから国内有名ブランドまで求人情報を多数掲載中。早速、会員登録をして求人をチェック!

   
無料会員登録する

記事一覧