アパレル・ファッション業界の求人・転職ならFashion HR

記事一覧

将来が見えない… ? アパレル店員がキャリアアップのためにしたいこと


アパレル店員をしていて、将来が見えない、と不安を抱いている方はいませんか? アパレル店員としてのスキルが身についているのか不安になったり、キャリアアップをしたい、本社勤務に転職したいといった気持ちも芽生えてきたり……。今回は、そんな悩みを抱える方に向けて、キャリアアップのために実践したい方法をご紹介します。

将来に向けて、どんな悩みがある?

まず最初に、実際にアパレル店員として働いている方々に、現在持っている悩みや不安について聞いてみました。

将来に対して、漠然とした不安が……
アパレル販売を始めて、もうすぐ1年半。今の仕事は楽しいと感じていますが、この先どうしたらいいのかなという漠然とした不安に襲われるときがあります。
学生時代からの友人が広告会社に勤めているのですが、どんどんキャリアアップしていくのでつい自分と比べてしまいますね。将来のために自分自身も何か変えていかなければ、と思うけれど、この先何をしていきたいのか分からない状態です。(24歳/都内某ブランドショップ店員)

年齢と共に、立ち仕事が辛く感じるようになってきた
アパレルの販売員からステップアップをして、現在は店長をしています。任されることが多くなってきたり、後輩の育成をすることにやりがいを感じていますが、昔よりも立ち仕事が辛く感じるようになってしまったんです。
また、ショップ店員歴も長いので、新たな挑戦として本社に転職しようかと考えています。けれど、私が今まで培ってきた販売員のスキルをきちんと活かせるものなのか不安なところがあります。(28歳/都内某セレクトショップ店長)

アパレル業界そのものに対して不安を感じる
正直、アパレル業界そのものの将来に対して不安を感じることがあります。現在ではウェブショッピングで完結することが多く、販売員をしていても来店されるお客様が減っている印象があります。時代の流れに合わせて自分も変わっていくべきだとは思いますが、販売以外に自分にはどんなことが合っているのか現在模索中です。(27歳/都内某ブランドショップ店員)

このように、販売員として将来に対する不安を抱いている声は様々です。中でも、現在の仕事内容を今後どのように活かしていけるか分からない、なんて声が目立つようです。しかし、ショップ店員として培ったことや、現場だからこそ知ることができるお客様の生の声というものは、自身の大きな財産になっているのです。

アパレル店員として培ったスキルはこんなにたくさんある!

知らずのうちに、アパレル店員として培ったスキルは沢山あります。これらは、キャリアアップに活かせるものばかり。自分のスキルに気付き、更に伸ばすことで次のステップアップに繋げてみてはいかがでしょうか。

1. コミュニケーション力
なんといっても、アパレル店員をする上でコミュニケーション力というのを知らずのうちに身につけていると思います。本社であれば、営業部、生産管理部、EC部など様々な部署間での連携が必須。円滑に作業を進めるためにコミュニケーション力は欠かせないものとなります。接客を通して培った「相手は何を求めているのか」をキャッチする能力や、相手に分かりやすいように話す「伝える力」というのがここで活きてくるでしょう。

2. コーディネートの提案力
アパレル店員をしていると、お客様から「どんなアイテムを合わせたらいいか分からない」や「色合わせが難しい」「自分の体型にはどんなアイテムが似合うだろうか」といったような相談を受けることもありますよね。このような相談を受けていくうちに、おのずとコーディネートの提案力も身についたのではないでしょうか。
例えば、WebサイトやSNS用の企画を組む際には、そういったコーディネートの提案力というものが必要となってきます。他にも、提案する力というのはどんな仕事をする上でも大切な要素となるので、アパレル店員をしているうちから「提案力」を意識して動いてみると良いかもしれません。

3. マーケティング力
「今、こんなアイテムが流行っている」「トレンドは○○だけど、それに合わせてベーシックな△△がセットで売れている」…… このように、アパレル店員として働く中で市場の流れが見えてきます。その中で養われるマーケティング力というものも、商品を作る上で欠かせないもの。ショップ店員だからこそ分かる、リアルな市場の流れや傾向を今後のキャリアアップのためにストックしておくのもおすすめです。

他にも、情報を収集する力、店舗のディスプレイをする力、売り上げなどのデータ分析力であったりと、知らずのうちにノウハウが貯まっているかと思います。これらの能力は販売員以外でも活用できるものばかりなので「こんなこともできるようになっていたんだ!」と気付き、更に伸ばせるように次のアクションを起こすとキャリアアップに繋がりやすくなるでしょう。

「将来が見えない」の不安をなくすために

最後に、将来に対しての不安を取り除くために、今すぐできる対処法をご紹介します。

1. 「この先自分は何をしたいか」目標を立てる
これから先、どんな仕事をしていきたいですか?
「やはりお客様と直接話せる販売が好きだから、店舗スタッフから店長へとステップアップしていきたい」
「コーディネートの提案が好き! それを活かせるような販促企画などを組む仕事をしたい」
「どんな人がどんなアイテムを購入するのか、今どんなものが特に売れているのか…… 気が付いたら分析していることが多いので、それをメインにできるような仕事をしたい」
このように、それぞれ想い描くビジョンがあったかと思います。それを実現するために、どんな力を身につけ、どうキャリアアップしていくのか逆算してみましょう。

例えば、店長にステップアップしたいのであれば、店舗としての売り上げを立てられることはもちろん、店舗内のコミュニケーションを円滑に進められるリーダーシップの能力も必要となってくるでしょう。
また、販促企画をしたいのであれば、コーディネートの提案力以外にも企画力が必要となってきます。良い企画というものは、世の中に出して終わりではなく、売り上げアップに繋がったりと良い反応が還ってくるもの。

このように「○○になるためには、何が必要?」と逆算し、そのスキルを身につけるために目標を作ることをおすすめします。

2. 「今できること」を増やしていく
前の章でご紹介したように、アパレル店員をしているうちに知らずに身につけていたスキルがあります。それらに気が付かないで日々を過ごすよりも、更にスキルを伸ばすために意識的に毎日を過ごした方が良いですよね。例えば、街で見かけた人のコーディネートが素敵で、それを参考にした着こなし提案ができるようになるのも立派な成長です。また、「似た体型のお客様が同じアイテムを購入していった」、「最近は特に○○色が人気」など、分析したことをノートに書くなりストックすることも自分だけの財産になります。
アパレル店員として今すぐ取り入れられることに目を向ければ、今よりもきっと充実感を得られでしょう。

 

 

将来の目標のために、逆算をして今からコツコツと積み重ねていれば、数ヶ月後、数年後には着実にステップアップ、キャリアアップしている自分がいるはずです。ご紹介した「キャリアアップのためにしたいこと」を是非参考にしてみてくださいね。

Fashion HRはファッション・アパレル業界に特化した求人情報サイトです!

FHR_top

ショップスタッフや店長などの販売職から、PR、MD、VMD、営業、総務/経理、秘書、ロジスティックスなどのバックオフィス職まで、外資系ラグジュアリーブランドから国内有名ブランドまで求人情報を多数掲載中。早速、会員登録をして求人をチェック!

   
無料会員登録する

記事一覧