アパレル・ファッション業界の求人・転職ならFashion HR

記事一覧

人間関係、辛い…… そんなアパレル店員の悩みが軽くなる5つの方法


Illustrator:Megumi Yoshida
アパレルの店員をしていると、同じショップのスタッフとの人間関係に悩むことがありますよね。女社会というショップも多く、女性ならではのもつれなどがあり、辛くて仕事へ行きたくない…… なんて声もよく耳にします。ここでは、そんな悩みが軽くなる5つの方法をご紹介します。読み終わった時には、少しでも心のモヤモヤが晴れていますように。

人間関係、どんなことが辛い?

ショップ店員が抱える、人間関係の悩みを調査してみました。

上司や先輩のパワハラで……
「なぜか私にだけ素っ気なかったり、注意をする際にとてもきつい言い方をする上司がいます。最初は気のせいかな? と思っていたのですが、明らかに無視された時や人格を否定されるような注意のされ方をした時は本当に辛かった。今でも常に監視されているような気持ちになってしまい、接客する時にも萎縮してしまいます」(26歳/都内某ブランドショップ店員)

噂好き、陰口ばかりの子がいてストレスが増える一方
「その子はもう辞めたのですが、やたら人の噂話や陰口を言う子がいましたね。表面上はみんなと仲良くニコニコしているからこそ、そのギャップに最初は驚きました…… だんだん聞く方もストレスになるので嫌になってきて、軽く受け流すようにしていたら周りのスタッフも同じように感じていたようです。いつの間にか辞めて、今では平和な日々です。」(24歳/都内某セレクトショップ店員)

女社会にうんざり……
「昔ショップ店員のアルバイトとして働いていた時の話なのですが、いわゆる“派閥”というものがありましたね。店長と副店長間での派閥だったのですが、どちらからもそれぞれの悪口を聞いていたり、店長の派閥に属する部下から副店長の悪口を聞かされたり…… 当時まだ20歳だったので、私よりずっと年上の人たちがいがみ合っているのが見てて嫌でした。大学卒業と就職を機にそのアルバイトは辞めたのですが、やっぱり人間関係や働く環境って大事ですよね。今は周りに恵まれていてノンストレスです。」(28歳/某ブランドEC担当)

 

このように、退職理由の上位にランクインする「人間関係」の悩み。しかし、せっかくならその状況を抜け出したり解決したいものですよね。これからご紹介する悩みに対しての行動・対策をチェックしてみてください。

人間関係の悩みは、これで軽くする! 解決する!

1. 信頼できる同じ職場の人に相談する
まず最初に、信頼できる職場の人に相談することをおすすめします。悩みの共有をしたいレベルであれば歳が近く同じ立場くらいの人でも良いですが、きちんと解決したい、悩みのレベルが深い場合には店長やエリアマネージャーに相談するのがベターです。悩みを共有するだけでなく、具体的な解決策を話し合って決めていきましょう。一人で悩み続けるよりも、心の内を外に出し、今後どのようにしていくかが明確になることで気持ちが軽くなるかもしれません。

2. 直接話し合いをする
ギクシャクしている、萎縮してしまう人と話し合いをするのはとても勇気のいることです。しかし、仕事というのは日々の大半を占めているので、仕事のことで悩みがいっぱいになってしまうのはもったいないです。話し合いをすることで相手の気持ちを知ることができ、お互いが歩み寄れたというケースもあります。話し合いをする際には、「こんなことを感じているのだが、もし自分に非があるようであれば改善したいので教えて欲しい。」というように冷静に切り出すことをおすすめします。しかし、明らかにおかしな態度を取っているのに、「そんなつもりはない」と言い張るような相手であれば、上の人に相談をしてみるなど方法を変えてみましょう。

3. 自分のやるべきことをやる
例えば、人間関係に悩んでいたとしても、その職場での仕事に喜びややりがいを感じているのであれば、「自分のやるべきこと」に徹底的にフォーカスしてみるのも良いでしょう。タスクをしっかりこなしたり、お客様に寄り添った接客に磨きをかけるのも良いです。悩みに引っ張られてしまうのもよく分かりますが、やるべきことをして仕事として成果を出すと環境も変わってくるかもしれません。

4. 仕事以外で楽しみを持つ
仕事とプライベートをきっちりと分け、仕事以外での楽しみを増やしてみましょう。悩みがあると仕事以外の時間でも考えてしまいがちですが、「仕事は日々の中の一部」として捉え、趣味の時間や友人たちとの時間を堪能することで悩みが軽くなることもあります。また、プライベートが充実することで仕事にも良い影響が出ることも多々あるので、ぜひ実践してみてください。

5. 転職も一つの手
相談してもダメ、話し合ってもダメ、とにかくその職場にいることが辛くなってしまったら、転職することも一つの手です。「逃げている」など思わなくても良いです。前述したように、仕事は日々の中の大半を占めているので、辛くてどうしようもないのであればその環境に長く居続ける必要はありません。心のストレスが溜まりすぎてしまったり、身体にも影響が出てしまっては働くことすら難しくなってしまうので、最終的には転職するのも視野に入れておきましょう。

 

 

職場に人間関係の悩みはつきもの。しかし、そんな悩みもない方ががやっぱり良いですよね。
ご紹介した解決方法を実践し、心地よい環境で働き、自分の本来の力を出し切れるよう応援しています。
転職を考えている方は、ぜひFashion HRの求人情報を参考にしてみてくださいね。

Fashion HRでお仕事情報をチェック!
「アパレル販売員」の求人情報はこちらから

Fashion HRはファッション・アパレル業界に特化した求人情報サイトです!

FHR_top

ショップスタッフや店長などの販売職から、PR、MD、VMD、営業、総務/経理、秘書、ロジスティックスなどのバックオフィス職まで、外資系ラグジュアリーブランドから国内有名ブランドまで求人情報を多数掲載中。早速、会員登録をして求人をチェック!

   
無料会員登録する

記事一覧