アパレル・ファッション業界の求人・転職ならFashion HR

記事一覧

社員一人一人がより良い環境で働くために。アパレル「人事」の仕事内容はこれ


会社の成長を促すために優秀な人材を確保したり、社員一人一人の権利や義務を管理している「人事」。自身の図らいによって社員が成長したり、働きやすい環境を整えられるのは人事ならではの喜びと言えるでしょう。今回は、そんな人事の仕事内容とどんなスキルがあると良いかをご紹介します。

アパレル人事の仕事内容って?

アパレルの人事担当者の仕事内容は、他の業界での人事担当と内容が大きく変わるわけではありません。しかし、募集をかける職種がもちろんアパレルになるため、適切な人材を確保するためにそれぞれの業務内容についての知識、そして特性などを理解しておく必要があると言えるでしょう。
下記が、主な業務内容となります。

■人事企画、計画業務
会社の成長のために、どのような人材を何人雇い、配属先はどのようにしていくか決定する仕事がこの人事企画と計画業務にあたります。会社の方針や時代の流れに沿って、伸ばしていきたい部署や注力していきたい事業も変わってくるため、それらを汲んで柔軟な企画、計画を立てていく能力が大切です。
そしてこれらの企画や計画に沿って採用業務を行います。採用業務では、実際に面接する以外にもどの求人サイト経由で募集をかけるか、そこにどんな内容を掲載するかといった事務作業の他、説明会の準備であったり会社の魅力を発信するための社員インタビューなども含まれ、そのアプローチ方法を考えるのも人事担当が行う仕事となります。

■人事制度にまつわる業務
いくら優秀な人材を確保できたとしても、それに見合う報酬や評価がなければその人材を失ってしまうかもしれませんよね。
人事制度は企業によって内容が異なりますが、主に従業員一人一人を評価し、それに沿って役職、報酬を与える制度のことを指します。
一人一人のやる気やモチベーションをアップさせるためにも、従業員にとって分かりやすい人事制度を設けることが大切。このように、企業の成長に繋がる人事制度を考案できるのも人事担当ならではの仕事内容と言えるでしょう。

■教育
採用した人材を教育することも大切な業務の一つです。例えば、新卒新入社員に研修を設け、社会人のマナー、業界の知識を教えることや、社員のスキルアップ、ステップアップを促すための研修を設けたり、面談を通してモチベーションをアップさせることも行います。

■労務管理
労務管理とは、給与の計算から支払い、勤怠管理、社会保険の手続き、福利厚生の運用といった社員に対する権利や義務を管理することです。例えば、有給の期限が迫っている場合に消化を促したり、働きすぎな社員に対して改善策を一緒に考えたりするのも労務管理の一部となります。

どんな能力が必要なお仕事?

アパレル人事の仕事内容は、他の業界と大きく変わることはありませんが、アパレル業界は特に部署が細分化されています。それぞれの部署の特性をきちんと理解し、人材を適切な部署へ配属、異動をする必要があるために洞察力が大切です。
また、部署間での連携が重要な業界なだけに、人間関係でのトラブルやモチベーションダウンといったケースもしばしば発生します。時には仲裁役としてより良い社内環境へと導く必要があるため、高いコミュニケーションスキルもあると良いでしょう。

こんな知識、能力が身につきます

人事は、会社全体の仕組みを理解しつつ、先のビジョンを描きながら人材を確保、育成していくことが大切です。そのため、広い視点で組織を見渡すことができ、組織運営について学ぶことができるでしょう。更に労務管理によって労働関連法令や社会保障法令についての知識も養われていくため、これらは広く活用することができます。また、人に関する業務を行うために、社内はもちろん社外の人と接する機会が多くあります。物事を円滑に進めるためのコミュニケーション力も身についていくでしょう。

 

アパレル「人事」についていかがでしたか?
興味のある方は、ぜひFashion HRの求人ページにてチェックしてみてくださいね。

Fashion HRでお仕事情報をチェック!
「人事」の求人情報はこちらから

Fashion HRはファッション・アパレル業界に特化した求人情報サイトです!

FHR_top

ショップスタッフや店長などの販売職から、PR、MD、VMD、営業、総務/経理、秘書、ロジスティックスなどのバックオフィス職まで、外資系ラグジュアリーブランドから国内有名ブランドまで求人情報を多数掲載中。早速、会員登録をして求人をチェック!

   
無料会員登録する

記事一覧