アパレル・ファッション業界の求人・転職ならFashion HR

記事一覧

少しずつ覚えていきたい! アパレル販売員が使える英語フレーズ集


アパレル販売員をしていると、外国人のお客様にいろいろと尋ねられてあたふたしてしまった…… という経験がある人も多いのではないでしょうか。外国からの観光客が増えている今、英語で接客できたら便利ですよね。今回は、アパレル販売員が今すぐ使える英語フレーズをご紹介します。少しずつ覚えていって、今後の接客に役立ててみてくださいね。

お客様が来店した際に使いたいワードはこれ!

日本では、お客様が店舗に来店された際には必ず「いらっしゃいませ」とお声かけしますよね。まずは、その「いらっしゃいませ」の英語からチェックしてみましょう。

英語の授業では、「いらっしゃいませ」は「May I help you?」や「How Can I help you?」と習ったという方も多いのではないでしょうか。もちろんこのフレーズを使用することはできますが、訳すと「何かお手伝いできることはありますか?」という意味になるため、「いらっしゃいませ」のようなご来店時の挨拶という意味では少し役割が変わってきます。
いらっしゃいませ、のように使用したい場合は「Hello」や「Good evening」などといった挨拶の言葉が良いでしょう。
「May I help you?」は、お客様が何か困っていそうな場合、服を見て悩んでいる際に使用してみてください。

接客に使えるフレーズ集

ここからは、外国人のお客様に対して接客する際に使用できるフレーズをご紹介します。

1. 「May I help you?」
先ほどご紹介した言葉で、「何かお手伝いしましょうか」という意味になります。ここから、試着をしたいのか、他のサイズもみたいかなど会話が広がっていきます。

2. 「Would you like to try it on?」
「ご試着しますか?」という意味のこのフレーズは、日本人のお客様に対してもよく使うフレーズですよね。英語でも覚えておくととても便利です。「Would you like to ○○」が「○○をしたいですか?」という意味になるため、「Would you like to see other colors?(他の色もご覧になりますか?)」や「Would you like to try bigger size?(大きなサイズを試しますか?)」などにも使用することができます。また、「try ○○ on(○○を試着する)」という言葉もよく使用されるため、覚えておくと良いでしょう。

3.「We have smaller(bigger)size.」
「小さい(大きい)サイズもございます」という意味のため、サイズ感で迷われているお客様がいた場合に使用することができます。

4.「 This is one-size-fits-all.」
例えば、「大きい(小さい)サイズはありますか?」と聞かれた際に、その服がフリーサイズだった場合に使えるフレーズです。フリーサイズは和製英語のため、「one-size-fits-all」を使用するようにしましょう。

5. 「Just a moment, please」
他のサイズを見たい、在庫を確認してほしいなどの要望があった際に、「OK」でももちろん問題ないですが、「少々お待ちください」という意味のこの言葉を伝えてから確認しに行くようにするとよりスマートです。様々なシーンで活用できるので、ぜひ使用してみてくださいね。

お会計時に使えるフレーズ集

最後のお会計時にも英語が使えたらスマートですよね。そんな時に使用できるフレーズをご紹介します。

1. 「Your total is ○○ yen」
「お会計は○○円です」に当たるこちらの言葉は、「The total is ○○ yen」と言ってもOKです。

2. 「I’m sorry but we cannot accept this credit card company.」
カード会社によっては取り扱っていない場合もあるので、「申し訳ございませんが、こちらのカード会社はお取り扱いしておりません」という意味のこのフレーズを覚えておくと便利です。

3. 「Please enter your PIN.」
「暗証番号を入力してください」という意味のこちらのフレーズは、クレジットカードでのお会計時に使用することができます。「PIN number」と言ってもOKです。

4. 「Here’s your change.」
現金でのお会計の場合、お釣りを渡す際に使用できる「こちらお釣りになります」という意味のフレーズです。ちなみに、現金は英語で「Cash」となります。

アイテム名や素材、サイズについても覚えておきたい

帽子のついたパーカーは「hoodieまたはhooded sweatshirts」や、ワンピースは「dress」であったりと、いつもの言葉で伝えると通じない場合もあります。また、服の素材を聞かれる場合も多いため、英語ではなんというのか調べてみることをおすすめします。さらに、服や靴のサイズもアメリカとヨーロッパでは言い方が違うため、海外のサイズ表記を調べながら日本ではどのサイズに当たるかチェックしておくと便利でしょう。

外国人観光客が増えている昨今なので、少しずつ接客に使える英語を覚えていくと今後の自分のためになるでしょう。ご紹介したフレーズ集、ぜひ活用してみてくださいね!

Fashion HRはファッション・アパレル業界に特化した求人情報サイトです!

FHR_top

ショップスタッフや店長などの販売職から、PR、MD、VMD、営業、総務/経理、秘書、ロジスティックスなどのバックオフィス職まで、外資系ラグジュアリーブランドから国内有名ブランドまで求人情報を多数掲載中。早速、会員登録をして求人をチェック!

   
無料会員登録する

記事一覧