ファッション業界でのお仕事・転職にまつわるリアルな情報を発信中!

記事一覧

ファッション業界年収1000万円クラスの人たちってどんな人?

全体にファッション業界は年収が低めと取られがちですが、昨今、外資系ブランドでは1000万円を超える年収を得る販売職の方も出てきているそうです。そんな高収入を得られる事のできる人材は、どのような素養を持った人たちなのでしょうか。今回は外資系ラグジュアリーブランドの人事部長などをご経験されてきた転職コンサルタント、竹間さんのコラムをお届けします。

代表取締役 竹間 克比佐さん
今回お話を聞かせてくれた転職コンサルタント
Chikuma Human Resource.Inst
代表取締役 竹間 克比佐さん

ファッション業界年収1000万円クラスの人たちってどんな人?

本社を欧米に置く”外資系”と呼ばれるようなブランド企業では、社内は多国籍な組織であることがほとんど。また、本国オフィスの担当者とのやりとりも頻繁に発生します。日本のマーケットを知ることと同時に、諸外国の方たちの感性、伝統、そして歴史なども肌で感じることができます。

外資系企業の人事担当者は、語学力を持っていることはもちろんのこと、そういった環境でも別け隔てなく心のふれあいができる人材を探しています。最近では、このような素養を持つ方で、“年収1000万以上の高収入を得ることのできる販売員”もどんどん出てきています。

1000万円以上の高収入を得ることの出来る人は「自分を売るパワー」を持っている

では、1000万円以上の高収入を得ることの出来る人は、何が違うのでしょう?

特徴を紐解いていくと、キャリアアップに意欲的な人が多く、ご自身の売り込みを積極的に行ったり、周囲を圧倒するアピール能力に長けていたり、意思をしっかり持ちつつ「自分を売るパワー」を兼ね備えていることが、彼らの強みだと感じます

例えば、販売職ではどのようなブランドで働いてきたのか、その規模、顧客の人数、売上がどのくらい取れるのか、などが「自分を売る」ポイントになります。売上が取れる販売員は、それぞれ専門性の高い強みをお持ちです。そのため、外国語が話せる、洋服(RTW)の販売スペシャリストやシューフィッターの資格を取得しているなど、企業側も専門性の高い方を積極的に採用する傾向にあります

一方で、一昔前は販売職には語学力は求められませんでした。近年アジアを中心に諸外国からのお客様が増えてきていることで、販売職にもグローバル化の波が押し寄せており、近年では英語はもちろんのこと、中国語など第2外国語が使える人材の求人も増えてきています。英語ができれば本国の担当者とも直接コミュニケーションを取ることもできますね。

年収アップのポイントは「専門能力+語学力」

「自分を磨く」という意味で、自主的に学ばれている方も多いです。カラーコーディネーター検定や販売士検定、TOEICなど、アパレル企業でステップアップするために、資格の取得を目指している方。マーケットリサーチとして定期的に競合他社の店舗を訪問してみたり、実際に接客を受けて自己研鑽をしているという方もいらっしゃいました。ポイントは「専門能力+語学力」と言えるかと思います。

先に販売職のお話に触れましたので、VMD、MD、管理部門の3つを例に取り、具体的に1000万円クラスの収入を得る人材に求められるスキルや能力についてお話しましょう。

VMDに求められるスキルや能力

近年求人数が増えているVMD。以前と違い高いレベルの語学力を求められるようになったことが特徴です

VMDは販売職の方が将来像として描くことの多い職種。近年は、ディスプレイを日本独自の環境へ落とし込み、それを本国に提案できるなど本国との折衝能力のある方が重宝されています。年収も高く設定されていることが多いのですが、かなりの専門知識と語学力が要求されます。インテリアや建築などへの興味や技術、感性ももちろん重要です。以前、某有名ブランドで活躍しているVMD ディレクターに伺ったところ「自分の部屋の模様替え」が見たいと言っていました。カーテンの色、ベッドカバーの色、机や家具の配置から、その人のレイアウト能力がわかるそうです。

MDに求められるスキルや能力

この職種に憧れる方も多いのではないでしょうか。
日本のアパレルと外資系ブランドではMDの業務内容に大きな違いがあります。外資系ブランドでは、デザインなどのものづくりは本国で行なうため、MDはバイヤー的な側面を担います。デザイナーが作り出す感性を自国のマーケットにどのように落とし込むのか、何が売れるのかを考えるマーケティング能力。消化率や在庫、売上を管理するための数値管理能力、分析力も必要です。もちろん本国との交渉事も多くなりますので、高い語学能力が求められます。英語だけでなく、フランス語、イタリア語などの第二外国語を使うことの出来る方も多いです。

管理部門に求められるスキルや能力

経理や人事、総務など、管理部門の職種はファッション業界での経験がなくても、その職種での経験があれば、高収入を維持しつつ他業種からの転職もしやすい傾向にあります。しかし、最近は高いスキルを必要とする販売職の高額求人が増えたこともあり、現場にどのような人材が必要なのか、現場の声を吸い上げて的確な見極めができることや、人事制度の構築、評価基準の見直し、給与バランスの検討など、採用関連の専門知識を持っている人材は、有利な転職が可能です。経理においては、英文会計、CPAなどの専門資格があれば給与に反映されます。外資系企業では、最終年収を決定する本国担当者は、どのような企業で経験を積んできたのか、どのような専門的なスキルを持っているのかを見極めます。前職が日本企業だったとしても、世界的に名前の通っている企業での経験がある方のほうが有利になります。また、本国の人事担当者が見るレジュメは英文のみ。英文レジュメで自分を存分にアピールできるのか、ここでもやはり語学力が重要となってきます。

少し外資系企業に偏ったお話になってしまいましたが、最後に。
「高収入を得られる仕事=幹部職」。大きな責任と結果が求められるタフなポジションであることは間違いありません。また、1000万円を超える高収入を得る方たちには、高い専門性と語学能力を身につけていることはもちろん、共通して人を魅了する「魅力的な人間性」を持っているものです。

 

 

関連記事

販売員が本社職に転職して分かった店頭とオフィスの職場環境の違い
販売員として年収アップするためには?転職活動における希望年収の考え方。
2000名から選ばれたプロの販売員が語る「接客のコツ」と「販売員の価値向上に必要なこと」
販売員が経験した、外資系と国内系のリアルな違いとは?
デザイナー退任騒動の裏側で起きていることとは?ラグジュアリーブランドで働く販売員に聞いてみた。

Fashion HRはファッション・アパレル業界に特化した求人情報サイトです!

FHR_top

ショップスタッフや店長などの販売職から、PR、MD、VMD、営業、総務/経理、秘書、ロジスティックスなどのバックオフィス職まで、外資系ラグジュアリーブランドから国内有名ブランドまで求人情報を多数掲載中。早速、会員登録をして求人をチェック!

   
無料会員登録する

記事一覧