ファッション業界でのお仕事・転職にまつわるリアルな情報を発信中!

記事一覧

インスタグラム発のファッションブランドは、なぜ若者を魅了するのか?

アパレル不振が叫ばれるようになってから、解消すべき長年のテーマとされていることのひとつが「若者のファッション離れ」です。ファストファッションの登場や、フリマアプリの登場など、時代の変化が進む一方で、未だ明確な打開策を見いだせていないブランドも多いのではないでしょうか。

そんな近年、注目を浴び、著しく成長を遂げているのがインスタグラムから人気に火がついたファッションブランド。彼らを「単にSNSの活用が上手いから人気」と、考えてしまうのは早計です。インスタ発ブランドがなぜ、いまの若者の心を捉えるのかを考察すると共に、代表的な人気ブランドを紹介します。

今の若者が気になるのは、ファッションよりも「ライフスタイル」

思い思いのスタイルに身を包み、おしゃれをしている街の若者たちを見ていると「ファッション離れ」という言葉がピンと来ない部分があるかもしれません。それもそのはず、彼らは決して洋服に関心がないのではありません。

ここで押さえておくべき大前提は、彼らのマインドにある優先順位です。若い世代にとって、洋服はあくまで「ライフスタイルの一部」。インテリアや食、エクササイズや趣味などと横並びの要素である、ということです。つまり、流行やおしゃれさなど、洋服の世界だけの提案をしていても彼らの心には刺さりません。大切なのは「どういうライフスタイルの中で、そのファッションを身につけているのか」という世界観です。

最近ファッションブランドがカフェや雑貨店を展開したりする事例が増えているのも「こういう洋服を着る人は、こういう食事をして、こういうインテリアの家で暮らしている」というライフスタイルを想起させる手法のひとつだと言えます。

このような時流の背景と相性がいいのがインスタグラム。最近はインスタグラマーがプロデュースするブランドも多数登場しています。インスタ発ブランドが好調である理由は、インスタグラマーやデザイナー自身の生活の様子や趣味嗜好の世界観と一緒にリアルなコーディネートを見せられること。「こんな風に暮らしたい」「こんな風に生きたい」とい憧れのライフスタイルが具体的にイメージしやすく、購入につながりやすいのです。

そこで、インスタグラムで火がついた日本のファッションブランドの事例をいくつかご紹介します。

sea of rose

 

View this post on Instagram

 

Natsu Roseさん(@lovebynatsu)がシェアした投稿

『sea of rose』は、アートディレクター兼ブロガーであるNatsuさんが立ち上げたアパレルブランド。フォロワー8万6,000人(2019年3月現在)を抱えるインスタグラムにアップされるのは彼女自身のコーディネートだけでなく、世界各地を旅する様子や、彼女自身が手がけるアートワークも。また、彼女がライブ動画や写真と一緒に発信するメッセージが心に響く、と彼女の生き方そのものが世界観となってファンを生みだしています。

 

RANDEBOO

 

View this post on Instagram

 

RANDEBOOさん(@randeboo_official)がシェアした投稿

『RANDEBOO』は、2016年にスタートした次世代型アパレルブランド。ディレクターのSEIKAさん自身がインスタグラムで着こなすスタイリングからいくつもヒットアイテムが生まれ、現在フォロワーの数は8万6,500人(2019年3月現在)。SEIKAさん自身が21歳とユーザーの年齢層に近く、ブランドに関わる人たちも20代のアパレル未経験者というストーリーも、美しいビジュアルと共に多くの若い世代の共感を呼んでいます。

 

powanto lune

 

View this post on Instagram

 

powanto luneさん(@powantolune)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

諭吉さん(@yk.th)がシェアした投稿

『powanto lune』は、人気の読者モデルである高橋ゆきさんがプロデュースするブランドです。1万2,000人(2019年3月現在)フォロワーがいるブランドのインスタグラムにおいては、商品の特徴が分かりやすいコーディネート写真を掲載。そして7万2,500人(2019年3月現在)のフォロワーがいる高橋さんのインスタグラムでは、実際に『powanto lune』の洋服を着た高橋さんのライフスタイルや、普段の食事の様子、愛用のコスメなどライフスタイルが覗けるようになっていて、相乗効果を狙えるようになっています。

 

NORM by hiron

 

View this post on Instagram

 

HIRONさん(@hiron953)がシェアした投稿

この「インスタ発ブランド」の流れは若者だけのムーブメントに留まらず、30代にも波及しています。雑誌『VERY』の読者モデルとしても活躍する、インスタグラマーのHiromiさんが立ち上げた『NORM by hiron』は、ベーシックかつ美しいシルエットが魅力のブランド。5万3,600人(2019年3月現在)いる、Hiromiさんのフォロワーに対して発信するリアルな毎日のコーディネートや親子で過ごす時のファッションは、多くのおしゃれママたちが着こなしの参考にしています。
 
着用した時の「雰囲気」やそれを身につけた時の「気分」、お気に入りのコーディネートでどんな街を歩き、何を食べるのか、など生活そのものを想起することで憧れを生み、買いたいという気持ちを起こさせるのがインスタグラム発ブランドの得意とするところ。ライフスタイルを見せるのはインスタで、アイテムの特徴や生地感、色などを正確に見せるのはウェブショップ、とすみ分けしているブランドも多数あります。世界観を伝えるためのテクニックとして、インスタグラム発ブランドのアカウントには、成功のヒントがたくさん隠れているのではないでしょうか。

 

Fashion HRはファッション・アパレル業界に特化した求人情報サイトです!

FHR_top

ショップスタッフや店長などの販売職から、PR、MD、VMD、営業、総務/経理、秘書、ロジスティックスなどのバックオフィス職まで、外資系ラグジュアリーブランドから国内有名ブランドまで求人情報を多数掲載中。早速、会員登録をして求人をチェック!

   
無料会員登録する

記事一覧