アパレル・ファッション業界の求人・転職ならFashion HR

記事一覧

参考はSNS⁉︎ニューヨーカーに学ぶ最新レジュメトレンド|英文履歴書の書き方

外資系企業への転職や海外での就職時に必要になることの多い英文履歴書ですが、その書き方をネットで調べてみると、攻略法はあっても「どれもマニュアル通りすぎる……」と感じる方が多いのではないでしょうか?

今回の「WORK STYLE from NEW YORK」では、そんな英文履歴書の書き方にまつわるニューヨーク事情をお届けします。何事も「こうではなくてはいけない」とルールをつくる日本に対して、型にとらわれることを嫌うアメリカ。そんな文化の違いは英文履歴書にも表れているようです。

top

無料のテンプレよりもオリジナリティ!ニューヨークの最新レジュメトレンド

今年のニューヨークは、好景気の影響でジョブサーチ市場が目覚ましい盛り上がりを見せています。あるアンケート調査では69%の雇用主が今年の採用人数を増やしたと答え、その内の39%が大幅に人数増やしたと報告しました。さらに35%の雇用主は年内までに100人以上の採用予定をしていることもわかりました。しかし、雇用が増えるとはいえニューヨークは労働者にとって競争率No.1の土地。そんな場所で内定を勝ち取るためにも、英文履歴書の作成は大切なポイントとなるのです。

特に個人色の強いニューヨーカーネットたちは、無料テンプレートを使用するよりも、様々なソフトウェアを駆使し、オリジナルの英文履歴書をつくるのが一般的。中には「brooklyn resume  studio(ブルックリン レジュメ スタジオ)」という、レジュメの書き方や添削だけでなく、自分のキャリアをコンサルティングしてくれるカンパニーも存在するほどです!

さらに興味深いことに、最近では若者達による「テクノロジーを駆使した英文履歴書」がますますクリエイティブになっており、その書き方にもトレンドが存在するのです。そこで、実際に今年ニューヨークのファッション業界リクルーターがよく目にしたという、ニューヨーカー達のトレンディでクールな英文履歴書から書き方のポイントをご紹介。意外にも、日本の英文履歴書に生かせるヒントが詰まっているかも?

英文履歴書トレンド1.  フォーマットやフォントにこだわる

面接は第一印象が大事といいますが、英文履歴書にも同じことが言えます。大切なのは見た目の良さ、バランス、スムーズで明確なデザインがキーポイントです。差し色にポップな色を加えることは、読み手を飽きさせない簡単な方法です。

Times New RomanやARIALといったフォントは世界的に信用性のある字体として知られていますが、英文履歴書に使うには少し時代遅れで個性がないという指摘もあります。近頃は少し個性的で、かつクリーンでなめらかなフォントが人気があるようです。またしゃきっとした印象を与えるので、読み手にも好感度を与えることができます。

英文履歴書におすすめのフォント5選

# 1 Helvetica
# 2 Tahoma
# 3 Trebuchet
# 4 Verdana
# 5 Garamond

英文履歴書トレンド2.  3秒の間に読み手にアピールポイントを伝える

英文履歴書は、冒頭から1/3の内容によってリクルーターや面接官が最後まで読むか否かを決定づけると言われており、その時間はわずか3秒。したがって、読み手が読んでいる間に、どこにアピールポイントの詳細があるのか道標をつくることが重要。電話番号やメールアドレスは必須ですが、ハイパーリンクをつけてリンクトインやツイッター、個人のウェブサイトを加えることは効果的だと言われています。もちろんその際には、リンクを貼るSNSのアカウントの内容が適正かどうかも予めチェックしましょう。

また、hotmailやYahooアカウントは、教育目的で使用されることが多いとされるアカウントのため、アマチュアという印象を与えてしまう可能性があります。転職活動では、ビジネスの場面で有効とされているgoogle アカウントに変更することをお勧めします。

英文履歴書トレンド3.  視覚に訴える“インフォグラフィックレジュメ”

インスタグラムやピンタレストの様なアプリが急激な速さで浸透したのは、近年人は文字を読んで物事を理解するより、視覚で理解する傾向にあるからだと言われています。今年の英文履歴書の最大のトレンドとも言われるのは“インフォグラフィックレジュメ”と呼ばれる、円グラフや棒グラフを履歴書に取り入れること。1ページ目に様々なグラフを用いて自己紹介をし、2ページ目に職歴やプラスアルファを取り入れます。

1ページ目ではわかりやすいダイナミックな印象を与え、次のページも読みたくなるような仕掛けをつくることができます。このようなアプローチ方法はデザイナー職など、クリエイティブな分野にのみ適用されることが多いですが、他業種でも部分的に取り入れてみることで、全体の印象が変わることは間違いありません。

resume

英文履歴書トレンド4.  ツイッターの応用

自分の事をアピールすることが上手な人にとっては至難の技かもしれませんが、時に「Less is more(余計なものがない方が良い)」という言葉のように、最適な言葉を選択し、簡潔なストーリーに仕上げるという作業はとても大切です。

しかし、内容をできる限り減らせばいいという訳ではありません。先ほど例にあげたインスタグラムやピンタレストに続き、たった140文字しか呟けないツイッターにも同じヒントが隠されています。専門知識やスキルをアピールする際は、ツイッターのようにどれだけ要領よくコンパクトにまとめて相手に伝えることができるかがポイントです。以下の様にまとめるように意識しましょう。

  • 箇条書きツール(・)を使用し内容を割愛する
  • 読み易い流れをつくるために、箇条書きにする際は適度な行間をつける
  • 1番大事なポイントは肉付けせず、最適な言葉で表現する
  • 太字、アンダーライン、斜文字などを部分的に取り入れ強調する

英文履歴書トレンド5.   「E.I=感情知能」をアピールする

採用の決め手になるポイントの1つとして、「Emotional Intelligence(=E.I)な人材かどうか」を問う企業が増加していると言われています。この「E.I」とは、感情知能のことを意味し、リーダーシップ力があるかどうか、相手と自分の感情をコントロールできるかどうかをさします

当然ですが、会社はチームの一員として、同じゴールに向かって一緒に働いてくれる人材を求めます。これを逆手に取り、「E.I」を英文履歴書のアピール項目として追加することが主流になりつつあります。

例えば、以下のように自分のアピールしたいスキルを箇条書きでまとめた時に、どのようにそのスキルを生かしたのかを明確にします。もしスペースがなかったら簡単にまとめ、実際の面接で詳しくプレゼンテーションをするのも良いでしょう。

●Management skills – Led a multi-brand team of sales reps to an 8% increase in overall sales at the show.

●Communication skills – Negociated the price of the product to sell

● Team-building skills – Hosted on-site training sessions for new hires,

ニューヨーカーの英文履歴書にヒントを得て、オリジナルのレジュメ作成を

いかがでしたか?これらはあくまでもニューヨーカーのトレンドで、一概に全てが日本社会に受け入れられるとは限りません。しかし人生は一度きり。チャンスは自分で掴むものです。

仕事探しから契約書にサインをかわすまでにおよそ6ヶ月程かかると言われる転職活動。新しいオリジナリティ溢れる履歴書を作成したい人、広い視野でクリエイティブな職種につきたい人は、ぜひ思い切って彼らの思考を真似してみてはいかがでしょう。自分らしい英文履歴書を作成してみることで、“自分”というブランドを見つめ直すきっかけとなり、新しい発見があるかもしれませんよ!

Text:Haruka Sagoya /Edit:Mio Takahashi(Fashion HR)

関連記事

成功すれば高収入!海外の“ファッションブロガー”の働き方とは?
海外のファッション業界インターンシップ事情
出張前のバイヤー必見!これだけは知っておきたい展示会で使える英単語&英会話フレーズ!
ニューヨークの百貨店トップ3に学ぶ!顧客の心を掴み続ける独走の裏側とは?
ミレニアル世代は何故アマゾンで服を買う?米アマゾンファッション成功の秘訣

Fashion HRはファッション・アパレル業界に特化した求人情報サイトです!

FHR_top

ショップスタッフや店長などの販売職から、PR、MD、VMD、営業、総務/経理、秘書、ロジスティックスなどのバックオフィス職まで、外資系ラグジュアリーブランドから国内有名ブランドまで求人情報を多数掲載中。早速、会員登録をして求人をチェック!

   
無料会員登録する

記事一覧