Folli Follie(フォリ フォリ)のインタビュー

INTERVIEWインタビュー

「新しいビジネスモデルと、裏表のない社風に惹かれました」

BRILLIANCE+/デジタルコンテンツ部 WEBデザイナー 畑中 友香さん

畑中 友香さん

BRILLIANCE+/デジタルコンテンツ部 WEBデザイナー

株式会社キューが手掛けるジュエリーブランド、「ブリリアンス+」では、ダイヤモンド選びからリングのデザイン、素材のセレクトまで、およそ300万通りの中から自分らしい婚約指輪を作ることができるという画期的なシステムを取り入れています。ウェブサイトでオーダーし、約1カ月で完成するというもの。

希望する場合は、ショールームで相談を受けたり、サンプルリングを無料で貸し出したり、と納得のいくリング選びのためのサービスも充実しています。

今回は、お客様が「ブリリアンス+」とコミュニケートする重要な場所であるウェブサイトの制作を行なっている、ウェブデザイナー畑中友香さんに、仕事のやりがい、会社の魅力などについてお聞きしました。

この会社なら楽しく仕事に打ち込める!そう思えた社長の言葉

−入社のきっかけ、ブリリアンス+を選んだ理由とは?

結婚を機に、ワークライフバランスを重視した転職活動をしていました。そこで紹介されたのが、ブリリアンス+でした。

ウェブ制作は残業が多い職種ですが、ブリリアンス+は残業をしないという方針ということ、また面談をしていくうちにワークライフバランスだけではなく、ブリリアンス+のビジネスモデルと裏表のない社風に惹かれ、この会社なら自分が楽しく仕事に打ち込めると思ったんです。

−オープンな人柄が作る会社だからこそ、画期的なビジネスモデルを打ち出していくことができるのでしょうね。

面談時に社長にこんな言葉を言われたんです。

「1日24時間ありますよね。睡眠や通勤、食事、お風呂、そして仕事をするとして、残り3時間。あなたは何に使いたいですか?3時間全部が残業になってしまったら?そんな毎日嫌だよね。ブリリアンス+のミッションは『すべての人に輝きを』です。周りの人に輝きを与えるなら、まずは自分たちが輝かなければ!だから残業はなるべくしたくない。自分の自由な時間、明日の活力に生かせる時間を大切にしてほしい」。

そう言われた時「この会社だ!」って強く思いました。

−ウェブデザイナーとしての畑中さんの現在の仕事内容とは?

主にウェブサイトの改修、フェアや新商品のランディングページの作成です。ウェブサイトで使用する写真のフォトディレクションやコーディングなど、業務は多岐に渡って行います。特に、サイト内の写真にはこだわっています。

ECサイトが主体なので、お客様に誤解を与えないよう、ありのままの写真をきちんと撮るように心掛けています。むしろ写真より実際届いた商品がきれいだったと言っていただけると嬉しいですね。

また、ページを制作して終わりではなく、ページへ訪問するお客様の数字を見て、どんな商品に興味があるのか、どんなところが分かりにくいのか、ニーズに合わせてサイトも変化していくので、マーケッターとも相談しながら日々よりよいサイトを意識して制作しています。

社員一人ひとりの意見が業務や制度に反映

−今年10年目を迎える株式会社キューはどんな会社でしょうか?

社員にもお客様にも正直な会社だと思います。商品に自信があるので、正直にいられるんだと思います。毎日朝礼していますが、そこで前日の売り上げ、週の売り上げ目標を全員が共有しています。かといってノルマがあるわけではなく、全体での売り上げを皆で達成しようというモチベーションを持って、それぞれの業務を行なっています。

−キューならではのユニークな制度などはありますか。

Speak Up(スピークアップ)という、自分の意見を発信できる社内用SNSを使って、業務について改善策などを投稿し、その内容を社員全員と共有しています。自分が意見し、行動することで、全員の意識が高まるため、より主体的に仕事のことを考える習慣が身につきました。ちなみにSpeak Upで投稿をしてくれた社員には、月に一回表彰を行っています。

また、福利厚生の一部も社員の提案から生まれました。例えばショールームで働く社員にとって指元のケアは大切なので、ネイル代を会社が負担したり、私のようにウェブデザイナーなど座り仕事がメインの社員には月に一回マッサージに行けるなどの制度があります。

−仕事のやりがいとは?

ウェブサイト内には、お客様の声を掲載しているコーナーがあり、必ず目を通しています。喜びの声だったり、時にはお叱りもいただきますが、お客様の幸せのお手伝いを出来たという事に、とてもやりがいを感じますね。

 

より良い会社環境のことを積極的に考え、発信することを大切にしている畑中さん。それは、作業効率アップのためだけではなく、会社に対する信頼、また仕事に対する責任感の強さの表れなのでしょう。

JOB OFFERSこのブランドの求人を見る