HR TALKS

転職活動の進め方

退職金は誰でももらえる?勤続年数で金額は変わる?退職金にまつわる基礎知識

104

転職を考えたときにふと思い浮かぶ、「自分は退職金をもらえるのだろうか……」という疑問。皆さんも一度は退職金という言葉について考えたことがあるのではないでしょうか?

果たして自分は退職金をもらえるのか、もらえるとしたらいくらなのか、意外とはっきりご存知の方は少ないようです。今回は退職金にまつわる基礎知識についてご紹介します。

退職金は誰でももらえる訳ではない?まずは退職金の支給要件を確認

退職金の支給要件は会社の規定によって様々なので、正社員で働く人が誰でももらえるというものではありません。自分が勤めている会社が、どのような退職金にの制度をとっているかは、就業規則や退職金規定に細かく記載されています。(※2番目の画像がイメージ)

そもそも、退職金というのは法律で定められているものではなく、会社が任意で支払いをするもの(=義務ではない)です。そのため会社によって支給額はまちまちで、近年では退職金を設けていない企業も増えています。

また、勤続年数によって支給率は異なるので、退職金規定のある会社で働いていても、短期間で退職をした場合は退職金は期待できません。勤続年数と支給額は下記のようなイメージで、勤続年数が長ければ長いほど退職金は多く支給されます。

<退職金の勤続年数と金額イメージ>

105

退職日で退職金が変わる可能性も!

退職金の支給額を計算する際、ほとんどの会社が1年未満の期間を切り上げるため、退職日が数日ずれるだけでもらえる退職金に大きく差がでることがあります。長く勤続していて退職を考えている人は、退職日をいつにするかをしっかり考えてから退職交渉することをおすすめします。

大抵の会社は自己都合での退職の場合、会社都合や定年退職の場合よりも退職金を減額するように定めています。何%の減額になるかどうかも会社によって規定は様々なので、自社の退職金規定で確認をしてみましょう

また、早期退職優遇制度や希望退職制度で退職金アップを条件に社員削減をする場合があります。こういった制度は一見「高い退職金がもらえて得をした」と感じる方が多いですが、退職金自体が人の生涯所得の数%であるため、働きたいという気持ちがあり、退職金アップ以外に退職する理由がなければ後悔する可能性もあるので要注意。

<退職金規定のイメージ>

107

退職する前にしっかりとした人生設計を

社会人経験が長く、40代以上で1社の勤続年数が長い方は転職に対しても慎重になる年代。せっかく長く働いても、規定によっては退職金をもらえない可能性もありますし、自己都合であれば減額される可能性もあります

退職金を視野に入れたローンを組んでいたり、貯蓄額に不安がある方は転職・退職を考える前にしっかりと人生設計をすることをおすすめします。詳しいライフプランやマネープランについて知りたいという方はFashion HRの『マネーお悩み相談室』もぜひチェックを。

転職や退職にはエネルギーもお金も使います。今のうちに安心できる蓄えをしておくことも重要なステップの一つです。今のうちにイメージをつかんでおいてくださいね!

Fashion HRはファッション・アパレル業界に特化した求人情報サイトです!

FHR_top

ショップスタッフや店長などの販売職から、PR、MD、VMD、営業、総務/経理、秘書、ロジスティックスなどのバックオフィス職まで、外資系ラグジュアリーブランドから国内有名ブランドまで求人情報を多数掲載中。早速、会員登録をして求人をチェック!

関連記事

ファッション業界 職種別年収平均値2016!
「年収」と「手取り」の違いをご存知ですか?源泉徴収票の読み方を理解して、自分のお給料のことを知ろう!
ファッション業界年収1000万円クラスの人たちってどんな人?

この記事に関連するタグ

FOLLOW US
SNSでも最新情報を受け取れます!

    
  • 
  • 
  • 
  • 

Sign Up for Fasion HR

会員登録すると、気になる求人情報を保存できたり、ファッション業界に特化した
20社以上の転職コンサルタントがあなたにぴったりのお仕事をおすすめしてくれるスカウト機能が利用できます!

新規会員登録