HR TALKS

ファッション業界基礎知識

意外と間違えてる?社会人が押さえておくべき役職の正しい敬称の使い方

Fotolia_178307327_Subscription_Monthly_M

社会人なら必ず覚えておきたいのが、役職に対する敬称のつけ方。役職と敬称は使用される機会が多いものの、意外と間違えてしまいやすいビジネスマナーです。
そこで今回は、役職名への敬称のつけ方と、主に使われる敬称について解説していきます。間違えた呼び方で相手をムッとさせてしまうことのないよう、今のうちにおさらいしておきましょう!

役職名にはもともと敬称が込められている!

まずおさらいしておきたいのが、役職名には敬称が込められているということです。役職名としては「社長」「専務」「常務」「部長」「課長」などがありますが、どの役職にも敬称をつける必要はありません。特に新入社員が役職者を呼ぶ際にやってしまいがちなのが、「○○部長様」のように役職名のあとに敬称をつけてしまうこと。「目上の人には敬称を」と思ってやってしまうケースですが、これは二重敬語になってしまい、正しくありません。この場合は、「○○部長」と呼ぶのが正解です。

また、文面だとかしこまってしまいがちですが、これは会話であってもメールであっても同じことが言えます。どんなに上の立場の人間であっても、「名前+役職名」という形が基本なので、「様」や「さん」などの敬称はつけないよう気をつけましょう。

社外の人と自社の役職者について話すときは?

自社の人間のことは「名前+役職名」で呼ぶ、ということがわかりましたね。では、社外の人と話しているときに自社の役職者を呼ぶ場合はどうでしょう? 実はこの場合、呼び捨てするのが正解です。社外の人と接する際、自社の人間は身内と考えます。社外の人に対しては、自社の人間の立場を低くし、へりくだって表現するのがビジネスマナー。自分よりいくら上の立場の上司や社長であっても身内の人間であると考えられるので、敬称は使わずに呼び捨てで呼ぶのが正しい表現です。相手のポジションに関わらず、敬意を向ける相手は自分の上司ではなく、社外の人であるということを覚えておきましょう。

これは直接会話しているときだけでなく、電話対応やメールにも適応されます。電話の相手が社外の人である場合、「○○部長はただいま不在です。」ではなく、「部長の○○はただいま不在です。」と答えるのが正解です。敬称を使わずに、「役職+名前」で呼びましょう。普段社内で役職名を使っていると、社外の人と接する際、うっかり自社の人間を役職名で呼んでしまう可能性もあるかもしれません。ビジネスマナーができていないと、自分だけでなく会社自体の印象を悪くしてしまいかねないので、慣れるまで練習しておくといいですね。
 
Fotolia_107324927_Subscription_Monthly_M

他社の役職者を呼ぶ場合は要注意!

それでは、他社の役職者はどのように呼んだらよいのでしょうか? 丁寧に話そうとするあまり、「社長様はいらっしゃいますか?」というように、役職名のあとに敬称を続けてしまうケースも多く見られます。しかし、前述したように役職名には敬称はつけません。「役職名+敬称」は二重敬語なので、相手に対して失礼な表現です。他社の人間であっても、「○○課長」「〇〇専務」などというように役職名を使って呼びましょう。

とはいえ、「様」や「さん」などの敬称をつけないと、相手に失礼に思われないか心配になってしまうという人もいるかと思います。そのような場合は、「社長の○○様」「専務の○○様」といったように、「役職名+苗字+様」という形で呼ぶようにしましょう。「○○専務様」のような様づけは間違いですので、「様」は名前につけるというポイントをしっかりと押さえておいてくださいね。

「様」や「殿」、「御中」。敬称はどう使い分ける?

ビジネスシーンで使われる敬称には、主に「様」「殿」「御中」があります。使うべき場面や対象はそれぞれ異なるので、きちんと使い分けられるようにおさらいしておきましょう。

「様」は口語でも文面でも使える便利な敬称

「様」は相手に敬意を示したいときに名前に付ける、一般的な敬称です。上司や先輩社員などの目上の人にはもちろん、同僚や後輩など、立場の上下に関わらずどのような人にも使うことができます。口語でもよく用いられる敬称で、もちろん文章でも使えます。場面や使う相手を問わずオールマイティーに使えるので、とても便利な敬称といえるでしょう。ただし、「様」は個人名に添える敬称なので、組織や団体には使えません。ビジネスシーンでは、社名や部署に「様」をつけてしまわないよう注意が必要です。

「殿」は目下の人に対して使うのが一般的

「殿」は事務的・公式的な文書などで用いられることの多い敬称です。昔は身分の低い者から高い者へ使われてきましたが、今は目上の人が目下の人に対して使う言葉とされています。そのため、目上の人には「様」を使うのが正解です。ビジネスシーンでは、「殿」は立場関係なく誰に使っても良い敬称とされていますが、見下されていると感じる人も少なくありません。知らず知らずのうちに反感を買ってしまう可能性もあるので、目上の人には使わないことをおすすめします。「殿」と「様」で迷った場合は、「様」を用いるのが無難です。また、口語では「殿」は使われず、「様」を使うのが自然です。

「御中」は会社や団体につける敬称

「様」や「殿」と異なり、「御中」は会社や団体などに続けて使う敬称です。「○○株式会社 御中」「○○株式会社 人事部 御中」というように使います。組織名に用いる敬称なので、個人名や役職名につけてしまわないように気をつけてくださいね。

 
今回は、役職に敬称をつける際のマナーについてご紹介しましたが、いかがでしたか?役職や敬称は間違えて使うと自分が恥をかくだけでなく、相手にも不快な思いをさせてしまったり、自社のイメージに傷をつけてしまったりする可能性も考えられます。社会人として働くからには、きちんと使い分けられるようにしっかりとおさらいしておきましょう。また、役職や敬称のマナーは、企業によっても異なることがあります。新しい勤め先の場合は先輩社員に聞くなどして、社内のルールを把握しておくといいですね。社外の人などの場合は、基本的な呼び方をしておくのが無難です。どのような相手でも対応できるよう、まずは基本の正しい使い方を覚えておきましょう。

FHR_top

Fashion HRはファッション・アパレル業界に特化した求人情報サイトです!

ショップスタッフや店長などの販売職から、PR、MD、VMD、営業、総務/経理、秘書、ロジスティックスなどのバックオフィス職まで、外資系ラグジュアリーブランドから国内有名ブランドまで求人情報を多数掲載中。早速、会員登録をして求人をチェック!

FOLLOW US
SNSでも最新情報を受け取れます!

    
  • 
  • 
  • 
  • 

Sign Up for Fasion HR

会員登録すると、気になる求人情報を保存できたり、ファッション業界に特化した
20社以上の転職コンサルタントがあなたにぴったりのお仕事をおすすめしてくれるスカウト機能が利用できます!

新規会員登録