HR TALKS

お仕事・転職Q&A

求人に掲載されている年収が現職の年収より低い…。転職の希望年収はどう伝えるのがベスト?

人によって転職活動の理由はキャリアアップ、年収アップ、ライフスタイルの変化などさまざまです。今回は、転職を決める際の“年収”について、Fashion HRユーザーの方の質問に回答します。求人情報に掲載されている年収の考え方、面接での希望年収の伝え方について、転職コンサルタントにお聞きしました。

応募したいブランドの提示している年収が、現職の年収よりも100万円以上少ないです。それでも構わないくらい働きたい気持ちがありますが、その際に希望年収はどう伝えれば良いのでしょう?現在の年収よりも低く提示すると消極的だと捉えられますか?高すぎる年収提示はよくないと聞きますが、今の年収より低い金額で希望する例はあまりないので不安です。

まず、求人案件に記載されている想定年収はどうやって出されているのか?お答えしましょう。

56

求人に掲載されている年収が全てではない?記載金額はあくまで目安

企業が求人案件に載せている年収はあくまでも参考の年収金額です。実際に求職者に会ってみて、会社が求めている人物像を上回る人材であれば、記載の年収よりも高い年収で採用することもあるので、必ずしも記載の年収金額でなければ応募してはいけない、というわけではありません。

特に中途採用は人によって年齢やスキル、キャリアによって評価が左右するものですから、参考の年収金額がそのままあなたの年収になるわけではないので安心してください。しかし、応募の時点や面接の際に年収について面接官に質問できる方が少ないのは実情です。職務経歴や自己PRを話すように年収についても話せれば良いですが、探り探りになってしまう方も多いのではないでしょうか?

現職の年収より低い金額を提示したら消極と捉えられてしまうの?

質問者様が気にされていた、「現在の年収よりも低く提示すると消極的だと捉えられるか?」という疑問ですが、これも一概に言うことはできません。しかし、ブランド側は候補者が年収を下げてまで面接に来た場合、「そこまで入社したいと思ってくれている」と、少なくとも好感を持つでしょう。「年収が下がってもどうしてもこのブランドで働きたい」という強い熱意があれば好印象です。

ただ、質問者様の様に100万円近くも低い年収なのに応募した場合、おそらく人事担当者は「いいの?なぜ?」という疑問が浮かぶはず。ですから、この疑問を解消できるくらいの理由を伝えられるかどうかが鍵となります。(年収800万円の人が年収400万円の求人に応募するなど、あまりにかけ離れ過ぎると怪しい印象を与えてしまうので要注意。何かやらかして辞めたの?と不信感を与えてしまうかもしれません)

54

もし面接官に希望年収について聞かれたら、「現状維持を希望していますが、心から御社に入りたいと思っているので御社規定に従います」と伝え、もし希望がある場合は「とはいえ生活もあり〜〜なので、最低でも△△くらいを希望します」と付け加えるのがベストでしょう。とはいえ、生活があるのである程度のラインはあるはずです。本音の部分と自身の最低ラインを決めた上で面接に臨むのが望ましいです。

転職における年収の考え方は?

年収を現職よりも下げて転職する場合、それ以上に得られるものがどれだけあるのか?を考えましょう。得られるものが給料以上であること、例えば本社のポジションを狙いやすい案件であったり、職場環境が良いなど、自分がキャリアを築く上で大切にしていることを軸に考えてみることをおすすめします。この考えがしっかりしていなければ、今より大幅に年収を下げることはあまりおすすめできません。結婚や育児、介護など、将来のさまざまなライフスタイルの変化に対応できるようなプランニングが転職活動においては重要です。

また、年収などお給料面の聞きづらい内容は人材紹介会社を利用するとスムーズにやり取りすることができます。エージェントを使えば、「こういうキャリアで年収△△の方がいるんですけど…」と、企業側の感触も探ることができるので、うまく活用してみてくださいね。

Fashion HRはファッション・アパレル業界に特化した求人情報サイトです!

FHR_top

ショップスタッフや店長などの販売職から、PR、MD、VMD、営業、総務/経理、秘書、ロジスティックスなどのバックオフィス職まで、外資系ラグジュアリーブランドから国内有名ブランドまで求人情報を多数掲載中。早速、会員登録をして求人をチェック!

関連記事

ファッションレジェンドが残した8つの名言から学ぶ 自分らしいスタイルのつくり方
売れる販売員に共通する3つのポイントとは?ラグジュアリー人事責任者が語る“トップセールスの条件”
2000名から選ばれたプロの販売員が語る「接客のコツ」と「販売員の価値向上に必要なこと」|ファッションワールド東京セミナーレポート
売るだけが販売員の仕事じゃない!店舗の役割分担から見えてくるキャリアの可能性

この記事に関連するタグ

ニュースレター登録

TOPICS
トピックから探す

FOLLOW US
SNSでも最新情報を受け取れます!

Sign Up for Fasion HR

会員登録すると、気になる求人情報を保存できたり、ファッション業界に特化した
20社以上の転職コンサルタントがあなたにぴったりのお仕事をおすすめしてくれるスカウト機能が利用できます!

新規会員登録